月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸連が2030年までのビジョン策定 若年層の競技促進プログラムやフィットネスへの取り組みも実施へ

世界陸連(WA)は11月18日、第53回代表会議が終結し、今後のビジョンについて明確な目標を設定する「ワールドプラン2022-2030」が承認された。

4ヵ年の戦略計画と、「より多くの参加、より多くの人々、より多くのファン、そしてより多くのパートナー」という4つの柱に基づくとされる。

ワールドプランではキッズアスレチックプログラムの更新が含まれている。世界保健機関(WHO)によると、世界では思春期の5人に4人は十分が身体活動を行っておらず、キッズアスレチックプログラムでは若年層をアクティブにすることを主目的とする。4歳から14歳までの世界中のすべての子供と若者を対象としている。

また、エリートプログラムだけでなく、世界的に関心が高まっているフィットネスおよびレクリエーションランニングにも対応した内容を盛り込む。社会的責任や持続可能性にも取り組むとし、健康、教育、多様性、性別、社会的・環境的な各課題にも関わっていくとしている。こうしたことを通じ、スポーツの重要度を地域や自治体に認識してもらうことで、公共投資への障壁をなくすことにつなげていくという。

世界陸上競技評議会は8年間の中で定期的に計画を見直し、その進捗状況を毎年報告するとしている。

また、WAの人権ワーキンググループからの調査結果と推奨事項が提出された。WAが国際的に認められた人権を尊重し、促進することを公約に盛り込む必要性についての提言や、組織編成、評価プロセスと対策の評価法の確立等の建議が含まれている。

この他、2024年から2029年までの欧州放送連合(EBU)との放送権パートナーシップの延長も発表された。現行契約は2018年から23年までとなっている。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com