月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子は敦賀気比が大会新の2時間8分26秒でV3!女子は鯖江が7度目都大路/福井県高校駅伝

福井県高校駅伝が11月7日、鯖江市つつじハーフマラソンコースで行われた。

男子(7区間42.195km)は敦賀気比が3連覇を飾り、初出場から3大会連続の都大路出場。2時間8分26秒は大会新記録で、昨年の優勝記録から1分近く縮めた。

敦賀気比は3区・森稜真(2年)が24分30秒の区間新、5区・山本晃大(2年)が8分56秒の区間タイ、7区の上山詩樹(2年)が15分08秒の区間新と、2年生3人が快走。全国では前回、前々回とともに36位で、今大会はそれを更新する絶好のチャンスを迎えている。

鯖江は1時間12分11秒で3年連続7度目の全国行きを決めた。こちらも昨年の優勝記録より1分33秒も上回る好記録。1区こそトップから17秒差の2位でスタートを切ったが、3000mで9分23秒46を持ち、インターハイでも1500m、3000mで出場した山口晏音衣(2年)が2区区間新の快走でトップへ。その後は一度も首位を明け渡すことなく中継した。

昨年は過去最高順位となる26位に入った鯖江。次に狙うのは1時間12分33秒の都大路最高記録だ。

全国大会は12月26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com