月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

遊学館が男女V!男子は13年連続都大路、女子は3年ぶり全国行き/石川県高校駅伝

11月7日に行われた石川県高校駅伝は、男女ともに遊学館が制した。

こまつドームマラソンコースで行われた大会。男子(7区間42.195km)は1区の三浦一真(2年)が区間賞でスタートを切ると、その後は独走態勢に。終始他を圧倒し、終わって見れば7人全員が区間賞。2時間11分14秒で13年連続14回目の全国高校駅伝出場を決めた。4区の原滉(3年)以外は全員が2年生ながら、昨年の優勝記録(2時間11分51秒)を上回っての優勝。2位の星稜には10分28秒の大差だった。

女子(5区間21.0975km)は2連覇中だった星稜、そして調子を上げていた鵬学園を抑えて、1時間14分02秒で優勝。1区の山腰亜依(2年)が、2位の垣田愛(鵬学園2)、谷口ゆき(星稜3)らに15秒以上の差をつけて区間賞を獲得した。その後も、安定した試合運びで4区まで連続区間賞。5区こそ鵬学園の示野悠奈(鵬学園2)に区間賞は譲ったが、最終的には鵬学園に1分42秒もの差をつけた。女子は3年ぶりの県大会制覇で通算14回目の都大路切符を手にした。

全国大会は12月26日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com