月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

明大がトップ通過 前評判通りの実力を発揮/箱根駅伝予選会


◇第98回箱根駅伝予選会(10月23日/東京・立川駐屯地)

明大が前評判通りに10時間33分22秒で4年連続63回目の本戦出場をトップで決めた。

比較的スローな展開で始まる中、鈴木聖人(4年)、手嶋杏丞(4年)ら10000m28分前半の選手が日本人先頭集団でレースを展開。チームの通過順位では5kmこそ2位だったが、10kmではトップに浮上し、2位に1分00秒差をつけた。

後半以降もその総合力の高さを発揮。15kmでは2位に2分58秒差、18kmでは3分30秒差とリードを拡大していった。

終盤は加藤大誠(3年)が日本人トップを走っていた中央学大・栗原啓吾(4年)を猛追し、わずかに届かなかったが日本人2番目の9位。主力が上位で次々とフィニッシュした。

山本佑樹駅伝監督は「下馬評通りにトップ通過できてほっとしている。自分たちのターゲットタイムを決めて、走りやすいところでレースをしようと話していたが、その通りに選手が実行して力通りに走ってくれた。いい結果を出せるようにしたい」と話した。2年ぶりシード入りだけでなく、さらに上位進出を狙う。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com