月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

中央学大・栗原が日本人トップ 全体1位は武蔵野学大・カマウ/箱根駅伝予選会


◇第98回箱根駅伝予選会(10月23日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地)

ハーフマラソン(21.0975km)で行われ、全体トップは武蔵野学大のワンジク・チャールズ・カマウ(2年)が1時間1分22秒(速報値)でフィニッシュ。日本人トップは中央学大・栗原啓吾(4年)が1時間2分46秒(速報値)で8位だった。

前半はややスローな展開で進み、先頭の5km通過は14分45〜46秒。留学生が先頭を牽引しながら、日本人の大集団がついていった。

そこから留学生の集団が徐々にリードを広げ、10kmは29分07秒〜08秒。日本人先頭集団は29分30〜31秒あたりで通過した。

カマウは14km過ぎで先頭に立つとそのまま、トップを守った。

10000mで28分03秒39の自己ベストを持つ栗原は20km手前で抜け出し、後続とのリードを奪う。フィニッシュ直前は足が止まり、猛烈な追い上げを受けたが、日本人トップを守った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com