月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

駿河台大が悲願の本戦初出場を決める/箱根駅伝予選会


◇第98回箱根駅伝予選会(10月23日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地)

駿河台大は10時間44分47秒で8位に入り、悲願の本戦初出場を決めた。

終始、通過圏内でレースを進めた。留学生のジェームズ・ブヌカ(4年)は先頭集団でレースを進め、6位でフィニッシュ。また、日本人選手も清野太成(3年)らが必死に食らいついた。

チーム順位は5kmで7位通過した後、10kmは5位に浮上。15kmでは本戦出場実績のあるチームなどに追い上げを受けて10位と通過ラインギリギリまで順位を下げたが、18kmで9位、さらに終盤も粘って総合順位を上げた。

現役時代に法大で活躍した徳本一善監督は「(本戦出場権獲得まで)長かったような、短かったような」と感慨深げ。また、選手の喜んだ様子を見て「この顔を見たかった。10年やり続けて良かった」と語った。

正月に向けて「おもしろい走りをしようと思う。うちのカラーを出したい」と指揮官としては初めて臨む舞台に思いを馳せた。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com