月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【出雲駅伝】3区で日本人トップの区間2位と好走! 東京国際大初Vの立役者・丹所健「全日本、箱根では区間賞を」

◇第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走(10月10日・島根県出雲市)

大会初出場で初優勝という快挙を成し遂げた東京国際大。全員が区間5位以内という安定感に加え、最終6区でイェゴン・ヴィンセント(3年)が区間賞という文句なしのレースぶりだった。

なかでも立役者を挙げるとすれば3区の丹所健(3年)だろう。首位の國學院大から4秒差の3位でタスキを受けると、2km過ぎに先頭集団を抜け出し、一気に独走態勢を築く。区間賞は創価大のフィリップ・ムルワ(3年)に譲ったものの、区間3位に32秒差をつける24分12秒(8.5km)という見事な走りで後続に29秒もの貯金をもたらした。

「区間2位で日本人トップということで、本当に満足です」と笑顔を見せた丹所だが、レース内容については「大会前のインタビューで『最初は突っ込まない』って言ってたんですけど、突っ込む形になってしまいました。後半うまく切り替えられなかったっていう面では、課題の残るレース展開でした。点数で言うなら、70点から80点ぐらい」と厳しめの採点だった。

神奈川・湘南工科大附高時代は全国的に名の知れた存在ではなく、インターハイ路線は南関東大会5000m11位が最高成績。同会場で行われた北関東大会5000mを大会新(14分15秒76)で制した山谷(茨城・水城高出身)や、インターハイ5000m2位、3000m障害2位の実績を持つルカ・ムセンビ(宮城・仙台育英高出身)ら同期の選手に比べても、高校時代の実績はさほど目立つものではなかった。

ところが、大学入学後は1年目からメキメキと成長し、6月の全日本大学駅伝選考会では2組6着とトップ通過での全日本初出場に貢献。11月には10000mで29分11秒61と好タイムを残し、箱根駅伝では1区の大役を任された(区間13位)。

2年目は全日本大学駅伝2区で区間8位ながら13位から5人抜きを達成。10000mは28分39秒63まで短縮し、前年までエースとして君臨した伊藤達彦(現・Honda/東京五輪10000m代表)の抜けた穴を埋める存在として注目を集めるようになった。

丹所自身も伊藤のことを尊敬しており、「記録的に見て、達彦さんが3年の時にこうだったから、『自分はそれ以上いくんだ』という目標は常に持っています」と話す。

そしてその勢いは3年生になった今年に加速。7月のホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会10000mで28分19秒17と、伊藤の持つ大学日本人最高記録(28分26秒50)を更新すると、9月の日本インカレでは5000m3位と表彰台に上った。

しかし、本人は「自分はまだエースではない」と言う。

「夏のエースは自分だと思いますが、秋になってから山谷が強くなって、仕上がりもいい。去年は怪我があって思うようにいかなかった部分もあったと思うんですけど、冬になったらさらに強くなると思う」

その山谷は今大会で1区を任され、先頭から5秒差の3位と好走。後続に勢いをもたらし、大志田秀次監督から「1区の山谷で流れを作れたのが良かった」と勝因に名前を挙げられるほどの活躍を見せた。

1年時と2年時に全日本で1区を任され、区間14位、13位とこれまで期待に応えられていなかっただけに、「初出場初優勝を狙う大事な1区を任され、先頭と5秒差でつなげたのは良かったと思います」と、ホッと胸をなでおろした様子だった。

丹所は今後の目標について、「全日本、箱根では区間賞を取りたい。チームは(ともに過去最高の)3位を目標にしています」とさらなる飛躍を誓っている。

丹所、山谷に加え、ヴィンセント、ムセンビら留学生、5区を区間3位と好走した宗像聖ら、3年生世代に主力選手がそろう東京国際大。今回の学生駅伝初優勝をステップに、残る11月の全日本、1月の箱根、そして来年度も学生駅伝で旋風を巻き起こしそうだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com