月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本記録保持者の鈴木健吾は2時間8分50秒で4位 優勝はトゥラ、女子はチェプンゲティチがV/シカゴ・マラソン


シカゴ・マラソンは10月10日、米国の同地で行われ、男子では日本記録(2時間4分56秒)保持者の鈴木健吾(富士通)が2時間8分50秒で4位だった。

日本記録を出したびわ湖毎日以来7ヵ月ぶりのレースとなる鈴木。序盤はハイペースとなったが先頭集団でレースを進め、5kmを14分44分、10kmを29分16秒で通過した。ハーフは1時間2分30秒。日本記録の時より6秒速かった。

しかし、その後は1km3分を越えるなど集団が牽制。25kmは1時間14分44秒と日本記録ペースから35秒遅れた。

30kmまでは7人の先頭集団にいた鈴木だったが、3人がペース上げるとついていけず、4位を走行。集団が崩れ、鈴木は単独走を強いられつつも、順位はしっかりとキープした。日本記録から4分近い差がついたものの、セカンドベストとなる。

愛媛・宇和島東高時代はインターハイ5000m10位。神奈川大では3年時の箱根駅伝2区で区間賞を獲得し、4年時の全日本大学駅伝ではアンカーとしてチーム20年ぶりの優勝に貢献した。

マラソンは大学卒業直前の18年東京で初挑戦し、5度目で日本記録を樹立。レコードホルダーとなった直後は「強さがほしいですね。周囲の人が『本当に強いなぁ』と思える選手を目指していくことが重要」と話していた。1986年の瀬古利彦(エスビー食品、現・DeNA Athletics Elite アドバイザー)以来、35年ぶりの日本人Vや日本記録再更新とはならなかったが、「本当の強さ」を得るために、大きな経験となっただろう。

なお、優勝争いは38km付近でスパートした24歳のS.トゥラ(エチオピア)が2時間6分12秒で制覇。2位には2016年リオ五輪銅メダリストのG.ラップ(米国)が2時間6分35秒で入り、3位は2時間6分51秒でE.キプタヌイ(ケニア)だった。

女子は19年ドーハ世界選手権金メダリストのR.チェプンゲティチ(ケニア)が2時間22分31秒で優勝した。

●鈴木健吾の通過タイム
5km 14.44
10km 29.16 (14.32)
15km 44.22 (15.06)
20km 59.15 (14.53)
half 1.02.30
25km 1.14.44 (15.29)
30km 1.30.07 (15.23)
35km 1.45.30 (15.23)
40km 2.01.48 (16.18)
FINISH 2.08.50 (7.02)

●鈴木健吾のマラソン全成績
18年2月 東京 19位 2.10.21
19年4月 ハンブルク 13位 2.11.36
19年9月 MGC 7位 2.12.44
20年3月 びわ湖 12位 2.10.37
21年2月 びわ湖 1位 2.04.56=日本記録
21年10月 シカゴ 4位 2.08.50


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com