HOME ニュース、海外

2021.10.11

日本記録保持者の鈴木健吾は2時間8分50秒で4位 優勝はトゥラ、女子はチェプンゲティチがV/シカゴ・マラソン
日本記録保持者の鈴木健吾は2時間8分50秒で4位 優勝はトゥラ、女子はチェプンゲティチがV/シカゴ・マラソン


シカゴ・マラソンは10月10日、米国の同地で行われ、男子では日本記録(2時間4分56秒)保持者の鈴木健吾(富士通)が2時間8分50秒で4位だった。

日本記録を出したびわ湖毎日以来7ヵ月ぶりのレースとなる鈴木。序盤はハイペースとなったが先頭集団でレースを進め、5kmを14分44分、10kmを29分16秒で通過した。ハーフは1時間2分30秒。日本記録の時より6秒速かった。

しかし、その後は1km3分を越えるなど集団が牽制。25kmは1時間14分44秒と日本記録ペースから35秒遅れた。

30kmまでは7人の先頭集団にいた鈴木だったが、3人がペース上げるとついていけず、4位を走行。集団が崩れ、鈴木は単独走を強いられつつも、順位はしっかりとキープした。日本記録から4分近い差がついたものの、セカンドベストとなる。

愛媛・宇和島東高時代はインターハイ5000m10位。神奈川大では3年時の箱根駅伝2区で区間賞を獲得し、4年時の全日本大学駅伝ではアンカーとしてチーム20年ぶりの優勝に貢献した。

マラソンは大学卒業直前の18年東京で初挑戦し、5度目で日本記録を樹立。レコードホルダーとなった直後は「強さがほしいですね。周囲の人が『本当に強いなぁ』と思える選手を目指していくことが重要」と話していた。1986年の瀬古利彦(エスビー食品、現・DeNA Athletics Elite アドバイザー)以来、35年ぶりの日本人Vや日本記録再更新とはならなかったが、「本当の強さ」を得るために、大きな経験となっただろう。

なお、優勝争いは38km付近でスパートした24歳のS.トゥラ(エチオピア)が2時間6分12秒で制覇。2位には2016年リオ五輪銅メダリストのG.ラップ(米国)が2時間6分35秒で入り、3位は2時間6分51秒でE.キプタヌイ(ケニア)だった。

女子は19年ドーハ世界選手権金メダリストのR.チェプンゲティチ(ケニア)が2時間22分31秒で優勝した。

●鈴木健吾の通過タイム
5km 14.44
10km 29.16 (14.32)
15km 44.22 (15.06)
20km 59.15 (14.53)
half 1.02.30
25km 1.14.44 (15.29)
30km 1.30.07 (15.23)
35km 1.45.30 (15.23)
40km 2.01.48 (16.18)
FINISH 2.08.50 (7.02)

●鈴木健吾のマラソン全成績
18年2月 東京 19位 2.10.21
19年4月 ハンブルク 13位 2.11.36
19年9月 MGC 7位 2.12.44
20年3月 びわ湖 12位 2.10.37
21年2月 びわ湖 1位 2.04.56=日本記録
21年10月 シカゴ 4位 2.08.50

シカゴ・マラソンは10月10日、米国の同地で行われ、男子では日本記録(2時間4分56秒)保持者の鈴木健吾(富士通)が2時間8分50秒で4位だった。 日本記録を出したびわ湖毎日以来7ヵ月ぶりのレースとなる鈴木。序盤はハイペースとなったが先頭集団でレースを進め、5kmを14分44分、10kmを29分16秒で通過した。ハーフは1時間2分30秒。日本記録の時より6秒速かった。 しかし、その後は1km3分を越えるなど集団が牽制。25kmは1時間14分44秒と日本記録ペースから35秒遅れた。 30kmまでは7人の先頭集団にいた鈴木だったが、3人がペース上げるとついていけず、4位を走行。集団が崩れ、鈴木は単独走を強いられつつも、順位はしっかりとキープした。日本記録から4分近い差がついたものの、セカンドベストとなる。 愛媛・宇和島東高時代はインターハイ5000m10位。神奈川大では3年時の箱根駅伝2区で区間賞を獲得し、4年時の全日本大学駅伝ではアンカーとしてチーム20年ぶりの優勝に貢献した。 マラソンは大学卒業直前の18年東京で初挑戦し、5度目で日本記録を樹立。レコードホルダーとなった直後は「強さがほしいですね。周囲の人が『本当に強いなぁ』と思える選手を目指していくことが重要」と話していた。1986年の瀬古利彦(エスビー食品、現・DeNA Athletics Elite アドバイザー)以来、35年ぶりの日本人Vや日本記録再更新とはならなかったが、「本当の強さ」を得るために、大きな経験となっただろう。 なお、優勝争いは38km付近でスパートした24歳のS.トゥラ(エチオピア)が2時間6分12秒で制覇。2位には2016年リオ五輪銅メダリストのG.ラップ(米国)が2時間6分35秒で入り、3位は2時間6分51秒でE.キプタヌイ(ケニア)だった。 女子は19年ドーハ世界選手権金メダリストのR.チェプンゲティチ(ケニア)が2時間22分31秒で優勝した。 ●鈴木健吾の通過タイム 5km 14.44 10km 29.16 (14.32) 15km 44.22 (15.06) 20km 59.15 (14.53) half 1.02.30 25km 1.14.44 (15.29) 30km 1.30.07 (15.23) 35km 1.45.30 (15.23) 40km 2.01.48 (16.18) FINISH 2.08.50 (7.02) ●鈴木健吾のマラソン全成績 18年2月 東京 19位 2.10.21 19年4月 ハンブルク 13位 2.11.36 19年9月 MGC 7位 2.12.44 20年3月 びわ湖 12位 2.10.37 21年2月 びわ湖 1位 2.04.56=日本記録 21年10月 シカゴ 4位 2.08.50

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top