月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【出雲駅伝】3年生が意地見せた青学大が準V エース近藤が1区区間賞で「父の誕生日プレゼントになりました」

◇第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走(10月10日・島根県出雲市)

東京国際大の歓喜から1分57秒後、激しい2位争いを制してフィニッシュに飛び込んだのは青学大の横田俊吾(3年)だった。中継所時点の4位から2人を抜いての準Ⅴだっただけに、原晋監督は「課題もありながら、うれしい2位ですね」とレース後は笑みを見せた。

1区では日本インカレ5000m王者・近藤幸太郎(3年)が区間トップの快走を見せ、最高のスタートを切った。「想定以上の暑さだった」と道中は集団の中で力を溜めたが、「区間賞を取って後続に良い流れを作ろうと思った」と残り250mでスパート。終盤まで競り合っていた早大の菖蒲敦司(2年)と國學院大の島﨑慎愛(4年)を突き放し、23分41秒(8.0km)で初の学生駅伝区間賞をつかんだ。

「区間賞を取ることが仕事だと思っていました。今日は父の誕生日なので、最高のプレゼントになりました」とレース後はにっこり笑顔を見せた近藤。当初は「暑くなかったら後続を突き放すレースをしたかった」というレースプランを考えていたが、スローペースになると予想して「ラスト勝負に徹した」という勝負師の顔を見せた。

続く2区の飯田貴之(4年)は「突っ込めるし、ラストスパートも強い。近藤が先頭で来ると見越して起用しました」と指揮官が自信を持って送り出した選手。区間7位と苦戦して5位まで順位を落としたが、トップに立った國學院大とはわずか5秒で踏みとどまった。

原監督は当初、「3区でトップに立ち、4区でとどめをさす」というプランを描いていた。その3区を担った佐藤一世(2年)は区間3位と悪くはなかったが、東京国際大の丹所健(3年)がさらに上をいく走りを見せたことが「誤算だった」(原監督)。3位に順位を上げたものの、4区、5区で優勝争いから脱落し、4位まで順位を落とした。

しかし、最終6区で横田が意地を見せた。指揮官が「あっぱれな走りだった」と評価する力走で前を走る國學院大、東洋大を抜き去り、2020年の箱根駅伝優勝以来の学生駅伝メダルをもぎ取った。

レース後、原監督は「スタート前に出雲大社に1000円落としたのですが、10000円くらい奮発すれば良かったかな」とおどけながら、「一時は6位、7位くらい落ちると思ったところで、よく持ちこたえてくれた」と選手たちを評価。4区の若林(宏樹、1年)と5区の目片(将大、3年)がともに区間6位とやや不発に終わったが、初の学生駅伝で貴重な経験を積むことができたのは今後の成長の糧になったことだろう。

指揮官が「史上最高」と評するほど層が厚い今季の青学大。今後の駅伝シーズンに向けて「全日本、箱根と距離が増えるので、こちらは期待が持てると思いますよ」と自信を深めたようだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com