月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

8年ぶりの優勝を狙う駒大はアンカーに田澤廉、1区は1年生の篠原を配置、鈴木芽吹は欠場/出雲駅伝


第33回出雲全日本大学選抜駅伝(10月10日/島根県出雲市)を翌日に控えた10月9日、出場チームのオーダーが発表された。

大会は20チームが参加して6区間45.1kmで行われる。昨年がコロナ禍で中止となったため、2年ぶりの開催。今回は大会当日でも最大2名まで補欠から選手を変更することができる。

今年正月の箱根王者で、出雲では8年ぶりの優勝を目指す駒大は、最長の最終6区(10.2km)にエースの田澤廉を配置。1区(8.0km)には9月の日本インカレ5000mで2位に入った1年生の篠原倖太朗を起用した。

この他、2区(5.8km)には赤星雄斗、3区(8.5km)は花尾恭輔、4区(6.2km)は唐澤拓海、5区(6.4km)は赤津勇進が、それぞれ入った。

一方で、5月の日本選手権10000mで2位の田澤に続き、3位入賞した鈴木芽吹は、当日交代可能な補員にも登録されておらず欠場する。

●駒大 出雲駅伝暫定オーダー
1区 篠原倖太朗(1年)
2区 赤星雄斗(2年)
3区 花尾恭輔(2年)
4区 唐澤拓海(2年)
5区 赤津勇進(2年)
6区 田澤 廉(3年)

補員 佃 康平(4年)
補員 安原太陽(2年)


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com