月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ロンドン五輪走幅跳金のラザフォードがボブスレー挑戦 来年の北京五輪で英国初の夏冬メダルを目指す


2012年ロンドン五輪男子走幅跳の金メダリスト・G.ラザフォード(英国)がボブスレーで来年の北京冬季五輪の出場権獲得へ向け、英国のボブスレーチームに選出されていることがわかった。自身のInstagramで英国の国際ボブスレー・スケルトン連盟(IBSF)ワールドカップサーキットの4人乗りボブスレーチームの一員に選ばれたことを発表している。

2022年北京冬季五輪に出場するためには、今年から来年にかけて各地で開催されるワールドカップで7回の予選大会のうち、少なくとも3回でトップ12に入る必要がある。

1986年11月生まれで、現在34歳のラザフォードはロンドン五輪の他、15年北京世界選手権でも金メダルを獲得。16年リオ五輪では銅メダルだった。ケガを理由に18年に引退したが、今年4月にボブスレーを始めた。英国では初となる夏季、冬季両方での五輪メダル獲得者を目指している。

過去にも陸上からボブスレーに転向したケースは多数あり、アテネ五輪女子100m銀メダル、12年ロンドン五輪4×100mリレー金メダルメンバーのL.ウィリアムス(米国)は14年ソチ冬季五輪のボブスレー2人乗りで銀メダルを獲得している。

日本では男子短距離の宮崎久が14年ソチ五輪の日本代表に選ばれており、現役選手でも女子短距離の君嶋愛梨沙(土木管理総合)が17年ボブスレー世界選手権の2人乗りで日本勢初となる7位入賞を果たした。また、女子三段跳で日本選手権3連覇中の森本麻里子(内田建設)がボブスレーに取り組んだ経歴を持つ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com