月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

杜の都決戦、全日本大学女子駅伝の全地区代表が決定!石巻専修大、筑波大、中京大、兵庫大が返り咲き

9月30日、5000mチーム上位6人の合計タイムによる書類選考となっていた全日本大学女子駅伝九州地区選考会の結果が発表され、1位通過の福岡大が12年連続33回目、2位通過の鹿屋体大が2年連続17回目の本戦出場が決定。この結果により、シード校(前回1位~8位)を含む出場全25大学が出そろった。

第39回全日本大学女子駅伝 10/31 宮城県仙台市
■シード校
名城大学     23年連続23回目
大東文化大学   11年連続11回目
日本体育大学   10年連続33回目
立命館大学    32年連続32回目
関西大学     14年連続14回目
大阪学院大学   13年連続28回目
城西大学     27年連続28回目
松山大学     14年連続14回目
■各地区代表校
<北海道>
札幌国際大学   5年連続5回目
<東北>
東北福祉大学  15年連続19回目
石巻専修大学   2年ぶり 5回目※昨年はオープン参加
<関東>
筑波大学     7年ぶり25回目
拓殖大学     4年連続 4回目
順天堂大学    2年連続28回目
中央大学     3年連続30回目
<北信越>
新潟医療福祉大学10年連続10回目
<東海>
中京学院大学   3年連続 3回目
中京大学     3年ぶり35回目
<関西>
大阪芸術大学   6年連続 9回目
佛教大学     4年連続20回目
関西外語大学   2年連続 7回目
兵庫大学     2年ぶり 2回目
<中国四国>
環太平洋大学   3年連続 4回目
<九州>
福岡大学    12年連続33回目
鹿屋体育大学   2年連続17回目
<オープン参加>
東北学連選抜チーム

昨年の成績で東海地区が1つ増枠されたこともあり、筑波大、中京大、兵庫大が本戦へ復帰。昨年は期日までにチームエントリーされなかったためオープン参加だった石巻専修大も2年越しに正式参加となる。一方で、前回出場校では27年連続出場中だった京産大、2013年の初出場から8年連続の東洋大、昨年7年ぶりに杜の都に復帰した京都光華女大が全日本進出を逃した。

本大会は10月31日(日)、宮城県仙台市で開催予定。北海道、東北、関東、北信越、東海、関西、中国四国、九州の代表25校が杜の都で母校のタスキをつなぐ。

第39回全日本大学女子駅伝 公式HP



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com