月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

大迫傑が「株式会社I」を設立して代表取締役就任 選手育成やアスリートマネジメント、地域活性化で事業展開


東京五輪男子マラソン6位の大迫傑(Nike)が9月27日、法人「株式会社I(アイ)」を9月15日付で設立し、同法人の代表取締役に就任したことを発表した。

これまで、トラックやマラソンでさまざまな実績を残してきた大迫。その経験で得た知見を「たくさんの人たちに届けたい」と考えていたという。東京五輪でラストランを終え、この思いを持続可能なかたちで実行するために、法人を設立したとしている。社名のIは、「『私』。いまを生きる『あなた自身』」を示すという。

事業概要は主に育成、アスリートマネジメント、地域活性化の3つを掲げている。育成事業では未来のアスリートを育成する大学生対象プログラム「Sugar Elite」や、大迫自身の知見を子供たちに伝える「Sugar Elite KIDs」の開催。アスリートマネジメント事業については、通常のマネジメントに留まらず、大迫の目指すアスリートとしてのあり方の啓発・教育を含めたマネジメントを手掛けるという。地域活性化事業はランニング文化の醸成を通して、地域活性化のコンサルティング、アドバイス等を行う。

その他にも学校やビジネスの現場を対象として教育・研修事業や健康増進事業、メディア事業など、法人の理念を実現するために必要な事業を展開する予定だ。

これらの事業を、「『愛』と『ファーストの精神』を持って取り組む」というのが法人のミッション。そのために、過去の常識にとらわれない本質を見極める「『本質』ファースト」や、自分だけのオンリーワンの価値を見つける「『自分』ファースト」、地元で夢をかなえることを目指す「『地元』ファースト」、それぞれの挑戦の「はじめの一歩」を後押しする「ファーストステップ」を掲げる。

役員は代表取締役(社長)の大迫の他に、取締役には青学大時代に主務として2015年箱根駅伝総合初Vに貢献した高木聖也氏が就任。すでに法人のホームページも立ち上げている。

大迫から社名に込めた思いは次の通り。

「I」は、「私」。いまを生きる「あなた自身」を意味します。
現役中、「常識を超えている」と私の言動を受け取られることしばしばありましたが、私の中では「超常識」な行動をとること自体が目的ではありませんでした。自分の目標をどうやったら達成できるか。辿りつきたいゴールから逆算して、シンプルに最短距離で向かおうとしたことが、結果的にいろいろな受け止め方を生みました。

目標まで最短距離で走るために大切にしたことは、常に「自分を主語に」して、自分の頭で考えるということでした。例えば、指導者や先輩など、誰かが「こうだ」と言ったとしても、それまでの常識がそうだとしても、「自分を主語に」してシンプルに考え抜くと、違う答えが見つかりました。また、靴一足で世界各地を回りましたが、ケニアなどを訪れて感じたことは、モノこそ十分にはないかもしれないけれど、そこに暮らす人たちが幸せそうなのに対して、日本ではモノは溢れているけれど、幸福ではない人が多いということでした。

アスリートが人々を感動させるのは、余計なものを削ぎ落とし、ひたむきに努力しゴールに向かおうとしているからです。私の実体験から、モノや常識に左右されず、「自分を主語に」するだけで、幸福度が上がり、イキイキとした人生を送れるはずです。誤解して頂きたくないのは、自分の人生を豊かにすることは、自己中心的に生きることではありません。自分が幸せだからこそ、周りの人の幸せも大切にできるということです。

自分ファーストで世界を幸せにする。このことを多くの人たちに、愛をもってお伝えしたい。自分の人生の主人公になるお手伝いを通して、世界中に幸せをあふれさせたい。

そんな思いが、社名を「I」とした理由です。


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com