月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本陸連がマラソン活性化のためにロードランニングコミッションを設立 瀬古氏がリーダーに就任

日本陸連は9月27日に理事会を行い、「日本陸連ロードランニングコミッション」(JRRC)を設立することを発表した。そのリーダーには瀬古利彦副会長が就任する。

日本のマラソン・ロードレース全体の運営を機能的・戦略的に進め、ロードレース全体を活性化させていくことを目的とした組織で、8月20日に第1期加盟大会・ポイント対象大会が決定したジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズの加盟要件の設定および審査などの役割も果たしていく。

その陣頭指揮を担うのが瀬古氏。東京五輪に向けてマラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務め、東京五輪代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)をはじめ日本マラソンの近年の活況を促した手腕を買われた。

他のメンバーは外部からの招へいも含めて今後選定されていくが、選手強化だけでなくランニング人口増加など、日本にとってなじみ深い「マラソン」という種目のさらなる発展を目指した取り組みが進められることになる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com