HOME 国内、大学

2021.09.19

『学生最速』の称号はマルチスプリンター鈴木碧斗!五輪マイルリレー代表が100m制覇/日本IC
『学生最速』の称号はマルチスプリンター鈴木碧斗!五輪マイルリレー代表が100m制覇/日本IC


◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)2日目

第90回日本インカレ2日目・男子100mはデーデー・ブルーノ(東海大4)が右脚付け根を痛めて予選で敗退、もう一人の優勝候補・宮本大輔(東洋大4)も準決勝で姿を消した。準決勝3組で自己タイの10秒22(+1.1)をマークした鈴木涼太(城西大4)が大本命かと思われたが、決勝の舞台では『もうひとりの鈴木』が躍動。東京五輪男子4×400mリレー代表の東洋大2年・鈴木碧斗(東洋大)だ。

「頑張ることは力むことにつながるので、リラックスしていい動きをすることを念頭に置いて走りました」と鈴木。前半はライバルたちに先行されるも、後半に強さを発揮する。最後は全員を抜き去り、真っ先にフィニッシュラインに飛び込んだ。優勝タイムは10秒33(-0.2)。鈴木涼を0.01秒抑えて『学生最速』の座に輝いた。

「優勝できると思っていなかったので、驚きとうれしい気持ちでいっぱいです。準決勝は涼太さんがダントツに速かったので、厚い壁があると思っていました。でも、レース中に『7レーンの鈴木君』というアナウンスが聞こえたので、もしかしたら勝てるかもしれない、と。力まずに最後まで自分の走りができたのが勝因だと思います」

鈴木にとって2021年は大きく飛躍するシーズンになった。大宮北高時代は100mと走幅跳が専門種目。今季は世界リレーの日本代表に選出されると、銀メダルを獲得した男子4×400mリレーでアンカーを務めた。関東インカレは200mを制すと、東京五輪の男子4×400mリレーにも出場した。

「200mが専門種目」という気持ちのある鈴木だが、日本インカレは「スピードを向上させたい」とあえて100mでの勝負を選んだ。そして大会前の自己ベスト(10秒40)を予選(10秒39)、準決勝(10秒34)、決勝(10秒33)と3度も塗り替えた。

「自己ベストを更新できたのは良かったですけど、スピードに関してはまだまだかなと思っています。ひとつの種目にこだわるのではなく、これからも100m、200m、400mで狙っていきたい。来年は世界選手権があるので、今度は個人種目で世界大会に出場するのが目標です」

走る度に記録を伸ばして、新たな一面をのぞかせた鈴木。マルチな才能を持つ20歳のスプリンターの進化は止まらない。

◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)2日目 第90回日本インカレ2日目・男子100mはデーデー・ブルーノ(東海大4)が右脚付け根を痛めて予選で敗退、もう一人の優勝候補・宮本大輔(東洋大4)も準決勝で姿を消した。準決勝3組で自己タイの10秒22(+1.1)をマークした鈴木涼太(城西大4)が大本命かと思われたが、決勝の舞台では『もうひとりの鈴木』が躍動。東京五輪男子4×400mリレー代表の東洋大2年・鈴木碧斗(東洋大)だ。 「頑張ることは力むことにつながるので、リラックスしていい動きをすることを念頭に置いて走りました」と鈴木。前半はライバルたちに先行されるも、後半に強さを発揮する。最後は全員を抜き去り、真っ先にフィニッシュラインに飛び込んだ。優勝タイムは10秒33(-0.2)。鈴木涼を0.01秒抑えて『学生最速』の座に輝いた。 「優勝できると思っていなかったので、驚きとうれしい気持ちでいっぱいです。準決勝は涼太さんがダントツに速かったので、厚い壁があると思っていました。でも、レース中に『7レーンの鈴木君』というアナウンスが聞こえたので、もしかしたら勝てるかもしれない、と。力まずに最後まで自分の走りができたのが勝因だと思います」 鈴木にとって2021年は大きく飛躍するシーズンになった。大宮北高時代は100mと走幅跳が専門種目。今季は世界リレーの日本代表に選出されると、銀メダルを獲得した男子4×400mリレーでアンカーを務めた。関東インカレは200mを制すと、東京五輪の男子4×400mリレーにも出場した。 「200mが専門種目」という気持ちのある鈴木だが、日本インカレは「スピードを向上させたい」とあえて100mでの勝負を選んだ。そして大会前の自己ベスト(10秒40)を予選(10秒39)、準決勝(10秒34)、決勝(10秒33)と3度も塗り替えた。 「自己ベストを更新できたのは良かったですけど、スピードに関してはまだまだかなと思っています。ひとつの種目にこだわるのではなく、これからも100m、200m、400mで狙っていきたい。来年は世界選手権があるので、今度は個人種目で世界大会に出場するのが目標です」 走る度に記録を伸ばして、新たな一面をのぞかせた鈴木。マルチな才能を持つ20歳のスプリンターの進化は止まらない。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top