月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

日本ICクローズアップ/宮本大輔が初めて見せた涙 大学最後の100mは準決勝敗退「このままじゃ終われない」


◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)2日目

第90回日本インカレ2日目。男子100mの宮本大輔(東洋大)は、準決勝で10秒62(+1.1)の7着に終わり、最後のインカレでファイナルに残ることができなかった。

「5月に膝を痛めてからなかなか治らなかったです。日本選手権はオリンピックの選考会ということもあって出ないという選択はできなかったので出場して、その後はほとんど練習ができなかった」。8月中旬にようやくスパイクを履いて走り出したという。「正直、走れないのはわかっていました」。

山口・周陽中で今も残る中学記録(10秒56)を持ち、京都・洛南高に進学してからは10秒23まで自己記録を短縮。インターハイも2連覇を達成した。日本陸連ダイヤモンドアスリートにも選出されるなど、順調すぎるキャリアを築き、高校の先輩にも当たる桐生祥秀(現・日本生命)と同じ東洋大に進学した。しかし、この4年間、自己記録が動くことはなかった。

「中学の時は走るのが楽しかったです。高校は苦しいけど結果も出て充実感もあった。でも、大学では苦しいことばかりでした」。思いは溢れ、涙がこぼれる。中学時代からスーパースターの宮本は、これまで何度も取材エリアを通ってきたが、ここで涙を見せたのは初めてだった。「高3の山形インターハイの4継の後にもテントですごく泣いたんですけど……やっぱり悔しいです……」と言葉が詰まる。

「試合に出たくない、と何回も思いました。インカレも走れないのはわかっていましたし、正直、中止になればいいのにと思ったこともあります」。頂点を極めてきたからこそ、ふがいない姿、遅い自分を見せたくない。逃げ出しそうになりながらも、「ラストのインカレは出たかった」とこの舞台に立った。「やっぱり現実は甘くないですね」。中学、高校でも日本一を経験したが、大学日本一は最後まで手にできなかった。

苦しいことのほうが多かった4年間だが、「1回も辞めようと思ったことはない」と言う。「ユニバーシアードも経験できて、2回世界リレー代表にもなれました。自己ベストは出ませんでしたが、出そうなレースも何回かありました。それに僕は陸上を取ったら意味がないんで」。

痛みはもうない。あとは覚悟を持って冬場から積み重ねるだけ。卒業後も競技を続ける予定。「課題はいっぱいあります。こんなところで終わっちゃダメ。終われないです」。涙は止まらない。勝って当たり前という重圧に立ち向かってきた男が味わった「初めての挫折」の4年間。この時間を糧にする強さを、宮本大輔は持っている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com