月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

全国小学生交流大会が2年ぶりに日産スタジアムで開催!コロナ対策で人数・種目を絞る


日本陸連は、9月18日、19日の日程で日清食品カップ全国小学生交流大会を神奈川・日産スタジアムで開催すると発表した。今年で37回目となり、昨年大会(36回)は中止となっていた。

当初は18日から20日の3日間を予定していたが、コロナ禍のために期間を短縮。実施種目のうち、男女混合4×100mリレーを中止し、コンバインドA・Bともに各都道府県代表を男女2名ずつから1名に減らして行われる。

実施種目は5年・6年100m、コンバインドA(80mハードルと走高跳)、コンバインドB(走幅跳とジャベリックボール投)。コンバインドは2種目の記録を得点に換算して合計得点で順位を決める。

全国小学生交流大会は『陸上競技の基本を学び、よい友達づくりをすること、あらゆるスポーツの 基本である「走る」「跳ぶ」「投げる」ことの正しい技能習得を図る目的』で1985年から開催。東京五輪代表の山縣亮太(セイコー)や飯塚翔太(ミズノ)、5、6年時に100m連覇の兒玉芽生(福岡大)など、多くの出場経験者が現在もトップ選手として活躍している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com