月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

桐生祥秀が小学生と本気の50m勝負!Athlete Night Games in FUKUIで「Sprint 50 Challenge」初開催


8月28日のAthlete Night Games in FUKUI(福井県営陸上競技場/9.98スタジアム)の中で、男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が小学生と50mで競う「Sprint 50 Challenge in 福井 supported by 日本生命」が開催される。

このイベントは桐生と、次世代や社会に対して向き合う活動に取り組むために桐生自身が立ち上げたプロジェクト・ブランド「K-Project」が初めて開く。

桐生たちは、さまざまなスポーツに挑戦する人に向けて、50m走をベースとした新たな競技種目として「Sprint 50」を設立。それに合わせて、独自のルールを採用し、老若男女、競技や種目の隔たりを無くし、すべての人々がチャレンジできるための競技フォーマットも作り出した。

その「Sprint 50」の競技規則を元にした「Sprint 50 Challenge」は各地に展開する計画で、希望するすべての人が参加することによって、人々や地域、社会と結びつけ「チャレンジをする大切さ」や「生きがい」の促進を目指すとしている。

第1回目の会場となる福井県営陸上競技場は、2017年9月9日の日本インカレ100m決勝で、桐生が日本人として初の9秒台となる9秒98をマークしたところ。9.98スタジアムという愛称もついた。

その競技場を舞台に、桐生とAthlete Night Games in FUKUIの出場者から選抜された小学生男女6名が、50mという誰もがチャレンジしたことのある距離で、本気の勝負を繰り広げる。時間は14時30分を予定している。

桐生は「新しい生活スタイルや時代になっても、走ることの面白さは変わりません。それをどうやって伝えていくかをずっと考えていました。この Sprint 50 Challenge もその一つです。次世代を担う子どもたちをはじめ、多くの方々のために、少しずつ形にしていくことにチャレンジします。また、今回50mを全力で走るのは、小学生以来なので、自分の記録や小学生たちと一緒に走ることを楽しみにしています。ワクワクした気持ちでスタートラインに立ち、全力で挑戦します」と初開催のイベントに懸ける熱い想いを持っている。

こうした桐生の想いは、桐生自身の公式YouTubeチャンネルで配信している。また、「Sprint 50 Challenge」に関して、公式 Twitter(@sprint_50)や公式Instagram(sprint_50_challenge)を開設し、随時最新情報を発信していく。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com