月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

今秋の三重国体中止が正式決定 国体は2年連続で開催されず


今秋の第76回国民体育大会「三重とこわか国体」(9月25日~10月5日/陸上競技会期9月30日~10月4日、会場:三重交通Gスポーツの杜 伊勢)と第21回全国障害者スポーツ大会「三重とこわか大会」(10月23日~25日)について、三重県、文部科学省、日本スポーツ協会などがオンラインで協議を行い、大会の中止について合意したと発表した。三重県は今月21日に大会共催者である日本スポーツ協会や文部科学省に大会中止の申し入れを表明していた。

三重県では大会の開催に向けて7月に新型コロナウイルス感染防止対策を発表するなど、実施に前向きな姿勢を示してきた。8月以降、新型コロナウイルスの感染者数は増えていたが、今月17日に国体の無観客開催や9月4日から行われる水泳などの会期前競技の実施を発表。同25日以降の本会期の実施競技については、同4日に開催可否を判断するとしていた。

しかし、17日以降も感染者の増加は収まらず、22日には432人と1日での過去最高数を更新。県内の学校でも感染クラスターが発生したほか、競技が行われる各市の市長などから中止の要請が相次いだことで、方針を転換せざるをえなくなり、鈴木知事は「断腸の思い、苦渋の決断」と話していた。

国体は昨年の鹿児島大会に続き、2年連続での中止。また、三重県としては昨年8月の全日本中学校選手権に続いて、陸上競技の全国大会が取り止めという事態となった。なお、三重県が今後の国体開催を希望する場合は日本スポーツ協会のルールに基づき、6年後の27年に延期して開催される見込みという。


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com