HOME ニュース、国内

2021.08.25

今秋の三重国体中止が正式決定 国体は2年連続で開催されず
今秋の三重国体中止が正式決定 国体は2年連続で開催されず

会場の三重交通Gスポーツの杜伊勢陸上競技場


今秋の第76回国民体育大会「三重とこわか国体」(9月25日~10月5日/陸上競技会期9月30日~10月4日、会場:三重交通Gスポーツの杜 伊勢)と第21回全国障害者スポーツ大会「三重とこわか大会」(10月23日~25日)について、三重県、文部科学省、日本スポーツ協会などがオンラインで協議を行い、大会の中止について合意したと発表した。三重県は今月21日に大会共催者である日本スポーツ協会や文部科学省に大会中止の申し入れを表明していた。

三重県では大会の開催に向けて7月に新型コロナウイルス感染防止対策を発表するなど、実施に前向きな姿勢を示してきた。8月以降、新型コロナウイルスの感染者数は増えていたが、今月17日に国体の無観客開催や9月4日から行われる水泳などの会期前競技の実施を発表。同25日以降の本会期の実施競技については、同4日に開催可否を判断するとしていた。

しかし、17日以降も感染者の増加は収まらず、22日には432人と1日での過去最高数を更新。県内の学校でも感染クラスターが発生したほか、競技が行われる各市の市長などから中止の要請が相次いだことで、方針を転換せざるをえなくなり、鈴木知事は「断腸の思い、苦渋の決断」と話していた。

国体は昨年の鹿児島大会に続き、2年連続での中止。また、三重県としては昨年8月の全日本中学校選手権に続いて、陸上競技の全国大会が取り止めという事態となった。なお、三重県が今後の国体開催を希望する場合は日本スポーツ協会のルールに基づき、6年後の27年に延期して開催される見込みという。

今秋の第76回国民体育大会「三重とこわか国体」(9月25日~10月5日/陸上競技会期9月30日~10月4日、会場:三重交通Gスポーツの杜 伊勢)と第21回全国障害者スポーツ大会「三重とこわか大会」(10月23日~25日)について、三重県、文部科学省、日本スポーツ協会などがオンラインで協議を行い、大会の中止について合意したと発表した。三重県は今月21日に大会共催者である日本スポーツ協会や文部科学省に大会中止の申し入れを表明していた。 三重県では大会の開催に向けて7月に新型コロナウイルス感染防止対策を発表するなど、実施に前向きな姿勢を示してきた。8月以降、新型コロナウイルスの感染者数は増えていたが、今月17日に国体の無観客開催や9月4日から行われる水泳などの会期前競技の実施を発表。同25日以降の本会期の実施競技については、同4日に開催可否を判断するとしていた。 しかし、17日以降も感染者の増加は収まらず、22日には432人と1日での過去最高数を更新。県内の学校でも感染クラスターが発生したほか、競技が行われる各市の市長などから中止の要請が相次いだことで、方針を転換せざるをえなくなり、鈴木知事は「断腸の思い、苦渋の決断」と話していた。 国体は昨年の鹿児島大会に続き、2年連続での中止。また、三重県としては昨年8月の全日本中学校選手権に続いて、陸上競技の全国大会が取り止めという事態となった。なお、三重県が今後の国体開催を希望する場合は日本スポーツ協会のルールに基づき、6年後の27年に延期して開催される見込みという。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top