月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ジョヤが110mHで12秒72のU20世界新!女子200mは東京五輪銀のムボマが快勝/U20世界選手権


写真/時事

U20世界選手権が8月18日~22日の日程でケニアの首都ナイロビで行われた。

21日の男子110mハードル(U20規格/99.1cm)は、S.ジョヤ(フランス)が12秒72(+1.0)のU20世界新で優勝。これまでのU20世界記録は12秒99だったが、前日の準決勝でこれを上回る12秒93(-0.4)をマークすると、決勝ではさらに0.21秒も短縮した。

2002年生まれのジョヤは、昨年までオーストラリア国籍だった。ハードル以外にも多くの種目に取り組み、100m10秒41(19年)、200m20秒68(20年)、棒高跳5m56(19年)、十種競技7271点(19年)の自己記録を持っている。

女子200m(21日)は、東京五輪銀メダリストのC.ムボマ(ナミビア)が大会新の21秒84(+1.1)で快勝。東京五輪決勝で自らがマークした21秒81のU20世界記録に迫るセカンドベストだった。2位には同じくナミビアのB.マシリンギが22秒18の自己新で入った。

21日には他にも2種目で大会新が誕生し、男子400mではA.ペセラ(ボツワナ)が44秒58、男子ハンマー投はS.コソネン(フィンランド)が71m64でそれぞれ従来の大会記録を塗り替えて頂点に立った。

最終日22日は男子800mでE.ワニョンイ(ケニア)が1分43秒76の大会新で優勝。女子走幅跳はM.アスカグ(スウェーデン)が自己ベストの6m60(+1.5)で制し、20日の三段跳(13m75/+0.4)と合わせ跳躍2冠を達成した。

リレーでは好記録が続出。女子4×100mリレーはジャマイカがU20世界新の42秒94でV。2位には、200m1位のムボマと2位のマシリンギを擁するナミビアが43秒76で入り、自国のU20記録を更新した。

男子4×100mリレーでも南アフリカがU20世界新の38秒51で制覇。女子4×400mリレーはナイジェリアが3分31秒46、男子4×400mリレーはボツワナが3分05秒22と、いずれも今季U20世界最高をマークして優勝し、5日間の大会を締めくくった。

今大会、日本や米国、英国は新型コロナウイルスの感染拡大を理由に派遣を見送った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com