HOME ニュース、海外

2021.08.23

ジョヤが110mHで12秒72のU20世界新!女子200mは東京五輪銀のムボマが快勝/U20世界選手権
ジョヤが110mHで12秒72のU20世界新!女子200mは東京五輪銀のムボマが快勝/U20世界選手権


写真/時事

U20世界選手権が8月18日~22日の日程でケニアの首都ナイロビで行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

21日の男子110mハードル(U20規格/99.1cm)は、S.ジョヤ(フランス)が12秒72(+1.0)のU20世界新で優勝。これまでのU20世界記録は12秒99だったが、前日の準決勝でこれを上回る12秒93(-0.4)をマークすると、決勝ではさらに0.21秒も短縮した。

2002年生まれのジョヤは、昨年までオーストラリア国籍だった。ハードル以外にも多くの種目に取り組み、100m10秒41(19年)、200m20秒68(20年)、棒高跳5m56(19年)、十種競技7271点(19年)の自己記録を持っている。

女子200m(21日)は、東京五輪銀メダリストのC.ムボマ(ナミビア)が大会新の21秒84(+1.1)で快勝。東京五輪決勝で自らがマークした21秒81のU20世界記録に迫るセカンドベストだった。2位には同じくナミビアのB.マシリンギが22秒18の自己新で入った。

21日には他にも2種目で大会新が誕生し、男子400mではA.ペセラ(ボツワナ)が44秒58、男子ハンマー投はS.コソネン(フィンランド)が71m64でそれぞれ従来の大会記録を塗り替えて頂点に立った。

広告の下にコンテンツが続きます

最終日22日は男子800mでE.ワニョンイ(ケニア)が1分43秒76の大会新で優勝。女子走幅跳はM.アスカグ(スウェーデン)が自己ベストの6m60(+1.5)で制し、20日の三段跳(13m75/+0.4)と合わせ跳躍2冠を達成した。

リレーでは好記録が続出。女子4×100mリレーはジャマイカがU20世界新の42秒94でV。2位には、200m1位のムボマと2位のマシリンギを擁するナミビアが43秒76で入り、自国のU20記録を更新した。

男子4×100mリレーでも南アフリカがU20世界新の38秒51で制覇。女子4×400mリレーはナイジェリアが3分31秒46、男子4×400mリレーはボツワナが3分05秒22と、いずれも今季U20世界最高をマークして優勝し、5日間の大会を締めくくった。

今大会、日本や米国、英国は新型コロナウイルスの感染拡大を理由に派遣を見送った。

広告の下にコンテンツが続きます
写真/時事 U20世界選手権が8月18日~22日の日程でケニアの首都ナイロビで行われた。 21日の男子110mハードル(U20規格/99.1cm)は、S.ジョヤ(フランス)が12秒72(+1.0)のU20世界新で優勝。これまでのU20世界記録は12秒99だったが、前日の準決勝でこれを上回る12秒93(-0.4)をマークすると、決勝ではさらに0.21秒も短縮した。 2002年生まれのジョヤは、昨年までオーストラリア国籍だった。ハードル以外にも多くの種目に取り組み、100m10秒41(19年)、200m20秒68(20年)、棒高跳5m56(19年)、十種競技7271点(19年)の自己記録を持っている。 女子200m(21日)は、東京五輪銀メダリストのC.ムボマ(ナミビア)が大会新の21秒84(+1.1)で快勝。東京五輪決勝で自らがマークした21秒81のU20世界記録に迫るセカンドベストだった。2位には同じくナミビアのB.マシリンギが22秒18の自己新で入った。 21日には他にも2種目で大会新が誕生し、男子400mではA.ペセラ(ボツワナ)が44秒58、男子ハンマー投はS.コソネン(フィンランド)が71m64でそれぞれ従来の大会記録を塗り替えて頂点に立った。 最終日22日は男子800mでE.ワニョンイ(ケニア)が1分43秒76の大会新で優勝。女子走幅跳はM.アスカグ(スウェーデン)が自己ベストの6m60(+1.5)で制し、20日の三段跳(13m75/+0.4)と合わせ跳躍2冠を達成した。 リレーでは好記録が続出。女子4×100mリレーはジャマイカがU20世界新の42秒94でV。2位には、200m1位のムボマと2位のマシリンギを擁するナミビアが43秒76で入り、自国のU20記録を更新した。 男子4×100mリレーでも南アフリカがU20世界新の38秒51で制覇。女子4×400mリレーはナイジェリアが3分31秒46、男子4×400mリレーはボツワナが3分05秒22と、いずれも今季U20世界最高をマークして優勝し、5日間の大会を締めくくった。 今大会、日本や米国、英国は新型コロナウイルスの感染拡大を理由に派遣を見送った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

FOCUS! 高校生INTERVIEW 落合 晃  Ochiai Ko 滋賀学園高2滋賀 注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は、男子中距離の落合晃選手(滋賀学園高2年滋賀)です。昨年のインターハイ8 […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top