月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ライルズ200mで五輪の雪辱 今季世界最高の19秒52!100m追い風参考ながら史上初8人が9秒台/DLユージン


写真/時事

8月21日、ダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会が米国・オレゴン州で開催され、東京五輪を沸かせたトップアスリートたちが多数出場した。

女子100mは東京五輪の覇者E.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が世界歴代2位となる10秒54(+0.9)で優勝。F.グリフィス・ジョイナー(米国)の世界記録まであと0.05秒に迫った。

男子200mは19年ドーハ世界選手権金メダルのN.ライルズ(米国)が今季世界最高の19秒52(+1.5)で勝利。銅メダルに終わった東京五輪の雪辱を果たしている。また東京五輪400mハードル銀メダルのR.ベンジャミン(米国)もこの種目に出場し20秒16で5位だった。男子100mは五輪200m王者のA.デグラス(カナダ)が9秒74(+2.9)で優勝。追い風参考ながら8人が9秒台をマーク。同一レースで9秒台8人以上は史上初のこと。

女子3000m障害ではN.ジェルト・タヌイ(ケニア)が8分53秒65の自己新で優勝。世界歴代3位の好記録だった。ジェルト・タヌイは18年に8分59秒62をマークしているが東京五輪には出場していない。2位には東京五輪銀メダリストのC.フレーリクス(米国)が世界歴代4位の8分57秒77で続き、ハイレベルな戦いが繰り広げられた。

女子800mでは東京五輪金メダルのA.ムー(米国)が1分55秒04の自己新で勝ち、自身の持っていた北米U20記録、米国のナショナルレコードを更新した。男子砲丸投は世界記録保持者・R.クルーザー(米国)がダイヤモンドリーグ記録となる23m15でV。自身3番目の記録でこの種目を制した。

女子200mは東京五輪で100m、200mの2種目で決勝に残ったM.カンブンジ(スイス)が22秒06 (+2.4)で勝利。追い風参考記録ながら、自己記録(22秒26、19年)を上回った。女子400mハードルは16年リオ五輪金メダルのD.ムハンマド(米国)が52秒77で優勝した。女子1500mはF.キピエゴン(ケニア)3分53秒23でV。女子棒高跳のK.ナジョット(米国)が4m82、男子三段跳はP.ピチャルド(ポルトガル)が17m63(+0.2)でこの大会にも勝った。東京五輪で男子1500mを制したJ.インゲブリグトセン(ノルウェー)は男子1マイルに出場し3分47秒24、東京五輪5000mの覇者・J.チェプテゲイ(ウガンダ)は男子2マイルで8分09秒55でそれぞれ優勝した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com