月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

廣中璃梨佳10000m日本人25年ぶり3人目の入賞!「積極性生まれ」日本歴代4位マークして7位


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技9日目

陸上競技9日目イブニングセッション、女子10000m決勝。日本から日本記録保持者の新谷仁美(積水化学)、廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、安藤友香(ワコール)の3人が出場した。

20歳の廣中がまたしても快走を見せた。5000mで14分52秒84の日本新を樹立して入賞まであと一歩に迫る9位と健闘していた。

10000mでも世界一流ランナーを相手に序盤は先頭を引く積極的な走りを見せ、中盤以降もズルズルいくことなくレースを進める。最後は入賞争いの中から抜け出し、7位でフィニッシュ。1996年アトランタ五輪で千葉真子が5位、川上優子が7位に入って以来、日本人25年ぶり3人目の入賞を果たした。

「まずは3本こなすことができて自信になりました」。そう笑顔で振り返る廣中。とても真夏に5000m2本、10000m1本を2つの自己ベストを出して走り終えたとは思えない。

「最初はレースに身を任せて先頭に行こうと思いました。ペースが上がってからは少し離れてしまいましたが、体力を見ながら前に行こうと切り替えました」

中盤でキャップを投げ捨てた。5000mの時よりも早いタイミング。遅れないためには“ここが勝負所”と読んだ。

「ラストは気力で。いろんな方を思い出して精一杯腕を振りました」

自身3レース目の10000mで31分00秒71の日本歴代4位。20歳、堂々の入賞だった。

「初めての舞台で海外のトップ選手と対等に戦えたのは、たくさんの励ましや応援に背中を押されて笑顔でスタートラインに立てたからです。去年はなかった積極性が生まれたのが一番の収穫」

廣中は長崎・桜が原中、長崎商高時代に、駅伝で一躍脚光を浴び、全国都道府県女子駅伝では中3から実業団1年目の2020年まで5年連続区間賞。

昨年12月の日本選手権ではこだわりの強い5000mで田中希実(豊田自動織機TC)に敗れて2位となり即時内定は得られず涙。だが、今年5月にはキャリア2戦目で10000mの代表権を獲得し、翌月には5000mでも代表入り。10000m3レース目で入賞の快挙だった。

涙で始まった五輪への挑戦。合計20000m走り終えた後は、満面の笑顔だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com