月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

新谷仁美21位見せ場なく涙「結果を出せなかったのは弱さ」応援の声や横田コーチへ感謝


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技9日目

陸上競技9日目イブニングセッション、女子10000m決勝に出場した新谷仁美(積水化学)は32分23秒87で21位。2大会ぶりのオリンピックは惨敗に終わった。

スタート直後こそ廣中璃梨佳(日本郵政グループ)とともに前に出たが、そのペースにつけずにズルズルと後退。明らかに本調子とは程遠いフォームとスピードで見せ場を作ることができなかった。自身が持つ日本記録30分59秒19からは1分30秒近く遅れ、、上位争いを繰り広げるトップ選手たちに周回遅れにされた。

レース後は号泣。「ここまで本当に何度も逃げたくて。でも、そのたびに前を向かせてくれる人の応援があったので、途中であきらめそうになっても走りきることができました」と言う。だが、常に「結果」を求める新谷。「つくづく弱さ」と下を向いた。

コロナ禍となってから人々の暮らしは変化。アスリートも例外ではなく、オリンピック開催も含め、いろんな声が届いた。そういう中でも、「私は応援してくれる人に生かされている一人の選手。応援あってのアスリート。本当にありがとうございます」と、言葉を絞り出した。

そして、特に「一番味方でいてくれて、逃げずにいてくれた横田(真人)コーチが待っていると思って走りました」と、二人三脚で歩んできた仲間でありコーチへの思いを話した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com