月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

マラソン女王はジェプチルチル!暑さなんの氷を活用し世界記録保持者コスゲイ抑えてV


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技9日目

陸上競技9日目モーニングセッション、札幌市で女子マラソンが行われた。当初は朝7時スタートの予定だったが、前日に急きょ暑さを考慮して1時間前倒しの6時スタートとなった。

比較的気温が収まってきた序盤はスローペースで進み、日差しが強くなり出してからはペースアップ。その揺さぶりに対応できたのはアフリカ勢(帰化選手含め)がほとんどだった。日本人トップの一山麻緒(ワコール)が「海外の選手は暑くても強かった」。

最後は世界記録(2時間14分04秒)保持者のB.コスゲイ(ケニア)とJ.ジェプチルチル(ケニア)の一騎打ちに。気温が30度近くまで上昇するなかで終盤は氷の入った袋をユニフォームの胸あたりに入れながらレースを進めたジェプチルチルが、2時間27分20秒で頂点に立った。コスゲイが16秒差で続いて銀メダル。ケニア勢がワンツーを果たし、3位にはアフリカ系選手を抑えて米国のM.セイデルが入った。

ジェプチルチルは16年と20年の世界ハーフマラソン選手権で優勝している27歳。17年にはハーフマラソンの世界新記録(当時)となる1時間5分6秒をマーク。19年にはさいたま国際マラソンも制している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com