月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子やり投・北口榛花57年ぶり決勝進出!1投目62m越えで喜び爆発「決勝でも笑って」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技5日目

陸上競技5日目のモーニングセッション、女子やり投予選が行われた。B組に出場した北口榛花(JAL)は1投目に62m06のシーズンベストを投げ、予選通過ラインの63m00に近い記録をマークした。結果的に全体6番目で予選を通過。1964年東京五輪以来、57年ぶりの決勝進出で、62m06は日本人五輪最高記録だった。

「練習の最後の投てきか緊張して手が震えるくらいでした」と北口。それでも1投目で決勝ライン濃厚な62mを投げて「ホッとしました」。北口らしくスタンドに向かって身体全体を使って喜びを爆発。「大はしゃぎして反省しています」と笑う。

その後はさすがで、冷静に「2回目からは速く助走を走ったり、いろんなことをできた」と決勝に向けて、助走や技術を試した。

日本勢57年ぶりの決勝進出。レジェンド海老原有希を持ってしても五輪のファイナルには届かなかった。「(57年ぶりは)ちょっと前すぎてわかりませんが、海老原さんが五輪にずっと出られてくださったからこそ、こうして五輪を目指すきっかけになりました」と北口。ずっとあこがれ、目標にしてきた先輩を一つ超えた。

決勝でも同じように1投目で62~63mを投げられれば、入賞争い、そしてメダル争いに入れる。「決勝でも笑って試合ができるようにがんばります」。チェコを拠点にコーチもチェコ人のディヴィッド・シェケラック氏に師事する北口。今回、3選手全員が予選敗退となった『第二の故郷』チェコ勢の分まで、東京五輪の決勝で勝負のアーチを架ける。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com