月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

山下潤20秒78日本勢一番のタイムも予選敗退「飲み込まれないように必死だった」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技5日目

陸上競技5日目のモーニングセッション、男子200m予選に出場した山下潤(ANA)は3組20秒78(-0.6)と日本勢で最も良い記録をマークしたが組5着。以降の組の結果、予選敗退が決まった。

前半は上位争いを見せたが、「課題のところで勝負強くもう一段階伸びたかったがうまくいかなかった」と話すように、直線に入って後退してしまった。

ドーハ世界選手権に出場した山下は初の五輪。父の訓史さんが三段跳日本記録保持者でソウル・バルセロナと2大会で五輪出場、兄の航平(ANA)は三段跳でリオ五輪出場と、家族3人がオリンピアンに。

同組にはF.オグノデ(カタール)や、A.デグラス(カナダ)らトップ選手がおり「(雰囲気に)飲み込まれないように必死でしたが、トップ選手と走れることを楽しみにしていて、200mを走り切れたので、この経験を明日以降に生かしていきたい」と振り返った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com