月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

400mHワルホルム衝撃の世界新!人類初の45秒台に到達


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技5日目

陸上競技5日目のモーニングセッション、男子400mハードル決勝で衝撃的なレースが展開された。

今年7月に46秒70の世界記録を作っていたK.ワルホルム(ノルウェー)と、46秒83のR.ベンジャミン(米国)によるライバル対決に大きな注目が集まったこの種目。前半から圧倒的なスピードで飛ばすワルホルムを、ベンジャミンが追いかける展開。10台目辺りで並びかけるかと思われたが、ワルホルムがさらに突き放し、金メダルのフィニッシュに飛び込み、掲示板を見て雄叫びを上げた。

45秒94――これは400mのフラットレースの記録ではなく、ハードル10台を跳んでマークした記録。人類初の45秒台に世界中に衝撃が走った。2位のベンジャミンが46秒17でこちらも従来の世界記録を上回る歴代2位、3位のA.ドス・サントス(ブラジル)が46秒72(世界歴代3位)。以降もナショナルレコードが続出するなど、史上稀に見る高速レースだった。

25歳のワルホルムは世界選手権で17年、19年と連覇。7月にケヴィン・ヤング(米国)が1992年に打ち立てた男子トラック種目最古の世界記録46秒78を塗り替えた。東京五輪では女子三段跳に続いて2つ目の世界新記録。

ワルホルムのコメント
「とてもクレイジーだ。私の人生で最高の瞬間でした。これまで頭がおかしくなるくらい練習してきた。この日のためにすべての時間を費やし、犠牲にして努力してきたし、私のコーチがサポートしてくれた。オリンピックのメダルだけなかったので、私のコレクションに入れらえれてミッションが完了したんです」

■男子400mH世界歴代10傑
45.94 K.ワルホルム(ノルウェー)  2021. 8. 3NEW
46.17 R.ベンジャミン(米国)    2021. 8. 3NEW
46.72 A.ドス・サントス(ブラジル) 2021. 8. 3NEW
46.78 K.ヤング(米国)       1992. 8. 6
46.98 A.サンバ(カタール)     2018. 6.30
47.02 E.モーゼス(米国)      1983. 8.31
47.03 B.ブロンソン(米国)     1998. 6.21
47.08 K.マクマスター(英領ヴァージン諸島) 2021. 8. 3NEW
47.10 S.マテテ(ザンビア)     1991. 8. 7
47.19 A.フィリップス(米国)    1988. 9.25



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com