月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

110mH泉谷、やり投の北口、200mサニブラウン登場、海外勢は世界新の可能性も/今日の五輪見どころ DAY5


写真/時事

女子やり投予選B組(10時50分)には日本記録(66m00)保持者の北口榛花(JAL)が出場。この記録は近年の世界大会ではメダル獲得できるもの。ライバルが多いが実力的には十分入賞が狙える位置につけている。決勝進出となれば、57年前の東京大会で7位(当時は6位までが入賞)の佐藤弘子、11位の片山美佐子以来となる。

男子200m予選(11時05分)には五輪3大会連続出場となる飯塚翔太(ミズノ)に、初出場のサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)と山下潤(ANA)の3人が20時50分からの準決勝を目指す。

17年世界選手権7位のサニブラウンは、6月の日本選手権で100m6位に止まり、200mは「左大腿部の違和感」で欠場した。そこからどこまで調子を上げているか。4×100mリレーで過去2大会とも好走した飯塚だが、個人種目はいずれも予選落ち。初のラウンド突破には、自己ベストの20秒11にどこまで迫れるかがカギとなる。山下は2年前にマークした20秒40の自己記録を更新する走りが必要だろう。

夜の最初の種目は19時10分からの男子110mハードル予選だ。ここにハイレベルの記録を持った泉谷駿介(順大)、金井大旺(ミズノ)、高山峻野(ゼンリン)という史上最強の3人が世界に挑む。

泉谷が日本選手権で出した日本記録13秒06は今季世界リスト3位で、出場者では2番目。日本人がまだ成し遂げていない、スプリントハードルでのメダルもまったくの夢ではなくなった。

また、金井の13秒16は今季世界10位タイで、決勝を狙える位置だ。高山は2年前に13秒25をマーク。3人そろって準決勝(8月4日)に進み、勝負を懸けたいところだ。

写真/時事

ちなみに五輪のラウンド突破となれば、4ラウンド制(1次予選、2次予選、準決、決勝)だった2004年アテネ大会で2次予選まで進んだ谷川聡と内藤真人以来。準決勝進出は3ラウンド制だった1964年東京大会の安田寛一以来、57年ぶりとなる。この種目の入賞者はまだいない。

20時から行われる男子5000m予選には、松枝博輝と坂東悠汰(いずれも富士通)が出場。アフリカ勢を中心とした12分台ランナーにどこまで食い下がれるか。

海外勢では男子400mハードル決勝(12時20分)で、1ヵ月前に46秒70の世界新をマークしたK.ワルホルム(ノルウェー)と、その5日前に46秒83(世界歴代3位)を出したR.ベンジャミン(米国)が激突。真昼のレースで世界記録の再更新がなるか。19時20分に始まる男子棒高跳決勝では、世界記録(6m18=室内)保持者のA.デュプランティス(スウェーデン)が参戦。ここでも新記録が生まれるかもしれない。

さらに、女子200m決勝(21時50分)には100m金メダリストのE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が出場。準決勝では自己タイの21秒66で悠々と駆け抜けた。F.グリフィス・ジョイナー(米国)が88年ソウル大会で出した21秒34の世界記録は33年間残っているが、新しい歴史の瞬間がやってくるか。

この他、男子200m予選には19年世界選手権優勝のN.ライルズ(米国)や、17歳ながらU.ボルト(ジャマイカ)のU20世界記録を更新したE.ナイトン(米国)らが出場する。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com