月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ハッサン5000mでまず1冠!午前1500m転倒からごぼう抜き、10000mと3冠狙う


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技4日目

陸上競技4日目のイブニングセッションで行われた女子5000mは、シファン・ハッサン(オランダ)が14分36秒79で金メダルを獲得した。

いつも通り中盤から後方あたりで様子をうかがうハッサン。4000m通過時点でも7番手だった。そこから徐々に上げていくと、圧巻はラスト1周。400mを57秒1で周り、ドーハ世界選手権優勝のH.オビリ(ケニア)、今季14分13秒32で世界リストトップ(世界歴代5位)のG.ツェガイ(エチオピア)らを寄せ付けなかった。

ハッサンはエチオピア出身の28歳。2008年に難民としてオランダへ移住し、13年にオランダ国籍を取得。2019年ドーハ世界選手権で1500mと10000の2冠を果たし、今大会は1500m、5000m、10000mの3冠を狙ってエントリーした。

この日、午前中には1500m予選に登場。卜部蘭(積水化学)と同組で、一度は転倒しながらも、そこからごぼう抜きしてトップ通過を果たしていた。

ハッサンはこのあと、2日後の8月4日19時に1500m準決勝、6日21時50分に決勝を戦い、7日19時45分に10000m決勝に臨む。

10000mでは今季29分06秒82の世界新記録を出したが、2日後にL.ギデイ(エチオピア)が29分01秒03と塗り替えた。ハッサンとギデイの「世界記録樹立者」同士の戦いに大きな注目が集まる。

なお、3冠、1500m&5000m、1500m&10000mの2冠なら史上初となる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com