月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走幅跳・橋岡優輝 圧巻の予選一発通過!37年ぶり決勝「メダル獲得目指す」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技2日目

陸上競技2日目のイブニングセッション、男子走幅跳で橋岡優輝(富士通)が圧巻のパフォーマンスを見せた。

初めての五輪に臨んだ22歳の橋岡。「やっと自分のオリンピックが始まるんだなと、少しずつ感じていて、時間が経つにつれてその思いが強くなりました。早くやりたいな、と」。

ワクワク感を抱いて臨んだ予選。橋岡は1回目から予選通過ラインとなる8m15のラインをクリアする8m17(+0.4)をマークした。この記録は五輪日本人最高記録で、1984年ロサンゼルス五輪の臼井淳一以来、37年ぶり決勝進出。

なお、予選通過記録をクリアしたのは、8m50を跳んだJ.M.エチェバリア(キューバ)と、8m22のM.テントグルー(ギリシャ)を含め3人だけ。さすがの安定感だった。

「1回でクリアできたのはアドバンテージになるし、2日後の午前の決勝に向けて計画を立てやすい」と大きな収穫に。世界選手権と五輪の両大会でファイナルに進んだのは初めてのこと。

それでも「今日の段階では万全とは言えない跳躍。明日修正したい」と、さらに調子を上げそう。「決勝ではメダル獲得を目指して頑張ります」。1936年ベルリン五輪の田島直人(銅メダル)以来、85年ぶりメダル獲得の快挙に挑む。

決勝は8月2日、10時20分から行われる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com