National Record Memorial Interview 高山峻野(男子110mH・ゼンリン)『月刊陸上競技』2019年9月号誌面転載記事

National Record Memorial Interview
高山峻野(男子110mH・ゼンリン)

着実な上積みで
〝想定外〟の日本記録連発

7月27日の実業団・学生対抗で13秒30(+1.9)の日本新記録を打ち立てた高山峻野(ゼンリン)。今シーズンは2度も日本タイを記録しており、まさに3度目の正直だった

まさに3度目の正直だった。6月、布勢スプリントと日本選手権で13秒36の日本タイ記録を2度にわたってマークしていた高山峻野(ゼンリン)。7月27日の2019オールスターナイト陸上(秩父宮賜杯第59回実業団・学生対抗陸上競技大会)で、その壁を一気に突き破る13秒30の日本新記録を樹立した。日本選手権を3度制し、日本記録を樹立しても、その〝マイペース〟は変わらない。現在地と目指すべき場所は明確。ここにたどり着くまでの過程、日本スプリントハードル界の現状、そしてこれから先の展望を聞いた。
構成/向永拓史
撮影/船越陽一郎

3台目までにレースを作れた

――改めまして、日本新記録(13秒30 /+1.9)の樹立おめでとうございます。
高山 ありがとうございます。まだタイムを出したという実感はないのですが、素直にうれしく思います。出社日には会社のみなさんも喜んでくれました。
――実業団・学生対抗にはどのような状態で臨まれたのでしょう。
高山 日本選手権(6月末)が終わってから疲労を取って、体調面は万全の状態でした。自己ベストかそれに近いタイムを出そう、と。ただ、どうも調整がうまくいかな
くて、前日練習も脚をハードルにぶつけていました。それでも競技場に着いた時はやる気があったんです。でも、ウォーミングアップをやって、「今日はダメだな」と。
ハードルで膝を久々に強打して……。気持ちが落ちました。ただ、直前の女子100mハードルでいいタイムが出ていたので、「風が吹けば行けるんじゃないか」と気持ちを
切り替えることができました。
――走りを振り返っていただけますか。
高山 ずっと取り組んでいた「3台目までにレースを作る」という部分が、しっかりできていたと思います。
――感覚としては、布勢スプリントや日本選手権との違いはありましたか。
高山 布勢の時はスピード感がなかったので、どうして(13秒36が)出たのかわかりませんでした。でも、今回は自分で地面をとらえている感じがありました。スタート
はゆっくり出たつもりでしたが、思いのほか前にいて、これは調子がいい時の証。インターバルをうまく刻めればベストに近いタイムが出るかも、と思っていました。
―― いつも競り合う泉谷駿介選手(順大)が、少し遅れました(2着、13秒60)。
高山 隣にいると視界に入りますが、今回はレーンが離れていたので(※高山4レーン、泉谷7レーン)、気になりませんでした。泉谷君はユニバーシアードの疲れなど
があっただけだと思います。
――13秒30というタイムについては、どのように感じていますか。
高山 まったくの想定外。そもそも13秒36でさえ、想定外です。冬季練習の感じからいっても、ベスト(去年までのベスト13秒44 / 17年)を少し更新できればいいな、
と思っていたので、まさか13秒3台が出るとは思いもしませんでした。
――東京五輪の参加標準記録(13秒32)も突破されました。
高山 切れればうれしいな、という思いは持っていましたが、特に意識はしていません。ベストを出し続けた延長にあると思っていました。

※この続きは2019年8月10日発売の『月刊陸上競技』9月号をご覧ください