HOME バックナンバー
【誌面転載】追跡ユニバーシアード 相澤 晃×阿部弘輝
【誌面転載】追跡ユニバーシアード  相澤 晃×阿部弘輝

追跡ユニバーシアード  スペシャル・クロストーク
相澤 晃×阿部弘輝

ナポリで輝いた学法石川コンビ
来年はそろって東京五輪へ!!

7月のユニバーシアードでそろって〝メダリスト〟となった福島・学法石川高出身の相澤晃(東洋大、左)と 阿部弘輝(明大)。11月に完成予定の新国立競技場をバックに

イタリア・ナポリで開催されたユニバーシアードで、日本の長距離陣が活躍した。なかでも目立ったのが、表彰台を独占した男子ハーフマラソンで金メダルに輝いた相澤晃(東洋大)と、10000mで銀メダルを獲得した阿部弘輝(明大)だ。同じ福島県須賀川市出身の2人は中学時代からのライバルで、学法石川高時代のチームメイト。〝学生長距離界のエース〟と言える2人に、ユニバでの戦いぶりと今後の展望について聞いた。
●構成/酒井政人 撮影/船越陽一郎
(協力/BRENTWOOD TERRACE

楽しみだったナポリへの遠征

─今年のユニバーシアードはイタリア・ナポリで行われました。開催地についてはどんな印象をお持ちでしたか。
阿部 韓国や中国などの近い国よりは、やっぱり「イタリア・ナポリ」という響きは魅力的に感じましたね(笑)。なんだか楽しそうなイメージがあったので、競技だ
けでなく、純粋に楽しめるのかなと思いました。
相澤 僕も同じです。イタリアはヨーロッパの中でも行きたい国の1つだったので、すごく楽しみでした。
─競技以外ではどんなことを楽しみにしていましたか?
阿部 ナポリは街並みが綺麗なので、それを見るだけでもいいですし、やっぱり食べ物ですね。本場のピザやパスタが食べられるのは試合よりもワクワクしてました
(笑)。
相澤 僕はレースが終わったらジェラートを食べたいなと思っていました。
─海外の試合では、食事が日本人の口に合わないことが少なくありません。今回はいかがでしたか。
阿部 基本、選手村で食事をとったんですけど、結構豪華でしたね。
─選手村は豪華客船だったそうですね。
相澤 ただ、見た目はすごかったかもしれませんが、生活面は〝豪華〟ではなかったですよ。船上での生活になったので、セキュリティが厳しくて、外出するのが憂鬱でし
た……。船内に入る時に3段階もチェックを受けるので。ドリンクや食事の持ち込みもダメでした。
─選手村の食事はいかがでしたか。
阿部 ピザがおいしかったです。ビュッフェスタイルだったので、僕はだいたい同じものを食べていた気がします。
相澤 自分はパスタがおいしかったですね。でも、楽しみにしていたジェラートは、日本とテイストが違っていて甘過ぎました……。

※この続きは2019年8月10日発売の『月刊陸上競技』9月号をご覧ください

追跡ユニバーシアード  スペシャル・クロストーク 相澤 晃×阿部弘輝

ナポリで輝いた学法石川コンビ 来年はそろって東京五輪へ!!

[caption id="attachment_4032" align="aligncenter" width="400"] 7月のユニバーシアードでそろって〝メダリスト〟となった福島・学法石川高出身の相澤晃(東洋大、左)と 阿部弘輝(明大)。11月に完成予定の新国立競技場をバックに[/caption] イタリア・ナポリで開催されたユニバーシアードで、日本の長距離陣が活躍した。なかでも目立ったのが、表彰台を独占した男子ハーフマラソンで金メダルに輝いた相澤晃(東洋大)と、10000mで銀メダルを獲得した阿部弘輝(明大)だ。同じ福島県須賀川市出身の2人は中学時代からのライバルで、学法石川高時代のチームメイト。〝学生長距離界のエース〟と言える2人に、ユニバでの戦いぶりと今後の展望について聞いた。 ●構成/酒井政人 撮影/船越陽一郎 (協力/BRENTWOOD TERRACE

楽しみだったナポリへの遠征

─今年のユニバーシアードはイタリア・ナポリで行われました。開催地についてはどんな印象をお持ちでしたか。 阿部 韓国や中国などの近い国よりは、やっぱり「イタリア・ナポリ」という響きは魅力的に感じましたね(笑)。なんだか楽しそうなイメージがあったので、競技だ けでなく、純粋に楽しめるのかなと思いました。 相澤 僕も同じです。イタリアはヨーロッパの中でも行きたい国の1つだったので、すごく楽しみでした。 ─競技以外ではどんなことを楽しみにしていましたか? 阿部 ナポリは街並みが綺麗なので、それを見るだけでもいいですし、やっぱり食べ物ですね。本場のピザやパスタが食べられるのは試合よりもワクワクしてました (笑)。 相澤 僕はレースが終わったらジェラートを食べたいなと思っていました。 ─海外の試合では、食事が日本人の口に合わないことが少なくありません。今回はいかがでしたか。 阿部 基本、選手村で食事をとったんですけど、結構豪華でしたね。 ─選手村は豪華客船だったそうですね。 相澤 ただ、見た目はすごかったかもしれませんが、生活面は〝豪華〟ではなかったですよ。船上での生活になったので、セキュリティが厳しくて、外出するのが憂鬱でし た……。船内に入る時に3段階もチェックを受けるので。ドリンクや食事の持ち込みもダメでした。 ─選手村の食事はいかがでしたか。 阿部 ピザがおいしかったです。ビュッフェスタイルだったので、僕はだいたい同じものを食べていた気がします。 相澤 自分はパスタがおいしかったですね。でも、楽しみにしていたジェラートは、日本とテイストが違っていて甘過ぎました……。 ※この続きは2019年8月10日発売の『月刊陸上競技』9月号をご覧ください

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top