月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

名城大のエース小林成美が1万mで11年ぶり日本学生新!来年の世界選手権の参加標準記録を突破


ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021の第3戦網走大会が7月10日に行われ、女子10000mで小林成美(名城大)が31分22秒34の日本学生新記録を樹立。この記録で、来年のユージン世界選手権(米国)の参加標準記録も突破した。従来の学生記録は10年に吉本ひかり(当時佛教大)が出した31分30秒92。

小林は抜群のペースメイクに乗って、ラスト1周は記録を意識して独走でペースを上げた。「途中苦しい場面もあったが、支えてくれた方々を思い浮かべて粘りました」と振り返り、「世界選手権の参加標準記録を切れたので、世界への切符をつかみたい」と語った。また、「大学女子駅伝見てください!」と茶目っ気たっぷりにアピールしていた。

小林は長野東高出身。高校時代から駅伝を中心に安定感のある走りを見せ、2、3年時は全国高校駅伝でアンカーを務めて連続2位に貢献している。大学2年だった昨年度は全日本大学女子駅伝、富士山女子駅伝の2冠の立役者に。今季は3月に日本学生ハーフマラソンで優勝、5月の日本選手権10000mで32分08秒45の自己新で3位だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com