月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

駒大の次世代エース鈴木芽吹が5000m日本人学生歴代8位の13分27秒83!/ホクレン網走

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2021の第3戦網走大会が7月10日に行われ、男子5000mで駒大の鈴木芽吹が13分27秒で日本人トップだった。

鈴木は5月3日の日本選手権10000mで27分41秒68で3位。東京五輪選考会の好走で「オリンピックに出たいという思いが芽生えた」と言う。今後は「駅伝3冠を目指しつつ、(トラックに向けて)スピードもつけていきたい」と新たな決意を語った。また、静岡県熱海出身ということもあり、「地元の熱海市が(豪雨で)被害を受けていて、少しでもがんばっている姿を見せたくて積極的に走りました」と口にしていた。

また、同期の唐澤拓海も13分32秒58をマーク。なお、この大学2年生世代は三浦龍司(順大)、吉居大和(中大)、石原翔太郎(東海大)ら「新黄金世代」として切磋琢磨している。トラックシーズンでも存在感を放った全日本大学駅伝&箱根駅伝の王者。秋に向けてさらに加速していきそうだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com