月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

山縣亮太100m9秒95の日本新!悲願の9秒台「ずっと出したかった」日本選手権3位以内で五輪内定


◇布勢スプリント(6月6日/鳥取・布勢総合運動公園陸上競技場)

日本男子スプリントのエースが、完全復活を果たした瞬間だった。男子100m決勝で山縣亮太(セイコー)が刻んだタイムは、「9秒95」――。追い風2.0mの絶好の条件も後押しし、2019年にサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が作った日本記録(9秒97)を0.02秒塗り替える日本新記録を打ち立てた。

予選で自己3番目タイの10秒01(+1.7)をマークし、東京五輪参加標準記録(10秒05)をついに突破。3大会連続の五輪代表入りのために、必須だったハードルをクリアした。

これで「肩の荷が下りた」という山縣の集中力が、決勝でさらに高まった。これまで届きそうで届かなった「9秒台」。その悲願をついに成し遂げ、「9秒台をずっと出したいと思ってやってきた。今日出せて良かった。いつも近くで支えてくれるチームメイトがすごく力になった」と喜びを語った。

そして、初めての「日本記録」も手にした山縣が目指すのは、東京五輪のファイナル。「勝負は五輪だと思っているので、そこに向けてがんばりたい」。過去2大会はいずれもセミファイナルに進出し、ロンドン五輪は予選で、リオ五輪は準決勝で自己新をマークした。五輪で見せてきたこのパフォーマンスこそが、山縣の真骨頂である。

6月下旬の日本選手権で3年ぶりの王座奪還を果たせば、名実ともに「日本最速」の称号を持って世界に挑むことになる。

山縣を中盤までリードし、2位に入った多田修平(住友電工)も10秒01と力走を見せた。「山縣さんの速報を見て、僕も9秒99ぐらいいったかなと思いましたが……。後半の弱さが出てしまったけど、レースを重ねるたびに良くなっている」。4年ぶり自己新で日本歴代6位、さらに五輪参加標準も突破した。世界ランキングでも日本勢3番手につけていたが、これで日本選手権で3位以内に入れば即内定になる。

五輪標準突破者では小池祐貴(住友電工)が10秒13で3位。桐生は予選で追い風参考ながら10秒01(+2.6)をマークしたが、決勝は棄権した。2週間前に右足アキレス腱を痛めた影響で、この日は1本の予定だったそうで、「スタートから5mはもたついたけど、中盤から後半はイメージ通り」。5月9日のREADY STEADY TOKYOの予選でフライングをした影響を払拭する走りになったようだ。

女子100mハードルでも日本記録が誕生。青木益未(七十七銀行)が12秒87(+1.8)をマークし、5日前の木南記念で寺田明日香(ジャパンクリエイト)が作ったばかりの日本記録にピタリ並んだ。寺田も0.02秒差で2位に続き、同種目で初めて複数の日本人選手が13秒を切るレースとなった。

男子110mハードルは日本記録保持者の金井大旺(ミズノ)が13秒40(+1.8)で快勝。石川周平(富士通)が前日本記録保持者・高山峻野(ゼンリン)を13秒48の同タイムながら抑えて2位に食い込んだ。女子100mは御家瀬緑(住友電工)が社会人ベストの11秒57(+1.6)で制覇。北海道・恵庭北高3年だった2019年に日本選手権を制した逸材が、復調を見せた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com