月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

佐藤圭汰が1500m&5000mで快走! トラックを席巻した洛南が男子総合41連覇/IH京都府大会

 京都府大会は64日から6日までの3日間、たけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)で開催され、洛南が男子総合で41連覇(昨年は中止)を達成。中長距離をはじめ、両リレーを含め9種目で頂点に立つなどトラックを席巻した。

 なかでも活躍が光ったのが、1500m5000mをいずれも大会新記録で制し、2冠に輝いた佐藤圭汰(3年)だ。

 1年時は故障のため出場できず、昨年はコロナ禍で大会が中止となり、今回が初のインターハイ路線となった佐藤。春先に1500m34036(高校歴代2)5000m134250(4)の快走を見せて注目が集まるなか、「2種目ともに自己ベスト更新を狙っていましたが、少し力が足りませんでした。中盤以降ペースが維持できず、ラストの切り替えもうまくできなかった」と反省の弁が口を突く。それでも初日の1500mでは後続に10秒近い差をつけ、34519でまずは1冠。

 続く最終日の5000mでは、27度前後に気温が上がるなか9積極的なレースで1000m以降は独走。3000m818秒で通過する直前から周回遅れが出始め、その後も外を周る不利がありながら大会記録を30秒近く更新する135598で圧勝。いずれも圧巻の走りで近畿大会へと駒を進めた。

「インターハイではもっと厳しいコンディションになる。留学生と戦うにはラストの切り替えが課題。全国でも2冠を果たし.チームの総合優勝に貢献できるようがんばりたい」と目を輝かせる。

 800mで自らの持つ府高校記録を更新する14942(高校歴代11)の好タイムで優勝し、MVPを獲得したのが前田陽向(3年)だ。「全国のリストトップに立つためにも(1)48秒台を狙っていた」と149秒台のタイムにも僅かに届かず苦笑い。2周目に入って一気に後続を引き離したが、「(1周目を)53秒で入るつもりでしたが、54秒台になってしまった」と、ややペースが緩んだ前半の入りを悔やんだ。

 それでも、大会前に右脚のハムストリングを痛め「不安があるなか、無事に通過できてよかった」とホッと胸をなでおろす。400m50秒を切るスピードに加え、5000mでも143242のベストを持つスタミナが持ち味。「インターハイではライバルも多いですが、147秒台で優勝が目標」と力強く抱負を話した。

短距離4冠に輝いた主将の寺澤大地(中央)

 洛南勢は主将の寺澤大地(3年)が両リレーを含む短距離4冠に輝いたほか、110mハードルでも松本望(3年)1409(0.6)の大会新をマークするなど9度目のインターハイ男子総合優勝に向け好発進した。

 他では男子三段跳で渡辺多瑠嘉(北稜3)が今季高校最高の15m60(+1.5)、やり投で井上堅斗(久御山3)が66m11と、全国トップクラスの好記録が光った。

文/花木 雫

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com