月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

棒高跳世界記録保持者デュプランティスが6m10!今季世界最高で東京五輪へ弾み

6月6日、ヘーゲンロー(オランダ)で開催されたFBKゲームス(コンチネンタルツアー・ゴールド)で
男子棒高跳の世界記録保持者・M.デュプランティス(スウェーデン)は6m10の屋外セカンドベスト、今季世界最高で優勝した。今季屋外では初の6m超えとなる6m10をクリア。その後は、自身が持つ世界記録を1cm上回る6m19に挑んだが、この高さはクリアならなかった。デュプランティスは東京五輪では最も注目を集めるアスリートの1人。

女子100mハードルでは今季リストトップのJ.カマチョ-クイン(プエルトリコ)が12秒44(+1.7)で勝利し、大会記録を更新した。女子100mは19年ドーハ世界選手権銀メダル、同200mで金メダルを獲得しているのD.アッシャー・スミス(英国)が10秒92(+1.4)のシーズンベストでV。男子110mハードルでは16年リオ五輪覇者のO.マクレオド(ジャマイカ)が13秒08(+1.7)のシーズンベストで優勝した。

同じく6月6日、米国・テネシー州で行われた競技会の女子400mハードルではS.マクラフリン(米国)が52秒83の今季世界最高をマークした。マクラフリンは19年ドーハ世界選手権銀メダルを獲得しており、自己ベストは世界歴代2位の52秒23(19年)を持っている。

また、6月4日、オスロ(ノルウェー)で開催された競技会では、400mハードルで世界選手権に2連覇(17年、19年)しているK.ワーホルム(ノルウェー)が300mハードルに出場し、33秒26をマーク。自身が持っていた従来の世界歴代最高タイム(33秒78)を0.5秒以上更新した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com