月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子やり投のフェッターがパフォーマンス世界歴代3位の96m29/欧州チーム選手権

5月29日、30日の両日、シレジア(ポーランド)で開催された欧州チーム選手権スーパーリーグ(European Athletics Team Championships Super League)で、大会初日の男子やり投のJ.フェッター(ドイツ)が96m29のシーズンベストで優勝した。フェッターは2017年ロンドン世界選手権チャンピオンの28歳で、昨年9月に世界歴代2位の97m76を投げており、今回は自身2番目の記録。パフォーマンス世界歴代3位の好記録だった。

2日目に実施された女子やり投でも好記録が誕生。19年ドーハ世界選手権4位のC.フンソク(ドイツ)が69m19の自己新をスロー。これは世界歴代8位にあたる。この種目は今月はじめにM.アンドレイチク(ポーランド)が世界歴代3位の71m40を投げるなど、活況を呈している。

男子ハンマー投では、世界選手権4度優勝(13年、15年、17年、19年)のP.ファイディク(ポーランド)が82m98のシーズンベストで優勝。今季の世界リストトップに立った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com