月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ワーナーが十種競技で世界歴代4位の8995点/ハイポ・ミーティング


5月29日と30日にオーストリア・ゲツィスで開催された世界陸連混成競技チャレンジのハイポ・ミーティング(Hypo-Meeting / World Athletics Challenge Combined Events meeting)の男子十種競技で、D.ワーナー(カナダ)が世界歴代4位となる8995点で優勝を飾った。種目別の内訳は10秒14(+0.7)、8m28(+1.2)、14m31、2m09、47秒90-13秒36(+0.9)、48m43、4m80、59m46、4分25秒19。

1日目の走幅跳では8m28の自己新をマークし、単独種目でのカナダ記録も更新。また、これは十種競技における走幅跳の世界最高記録だった。110mハードル(13秒36)でも自らが保持していた種目別世界最高記録を更新した(単独種目での自己ベストは13秒27、15年)。

ワーナーは1989年生まれの31歳。15年北京世界選手権銀メダルなど、五輪・世界選手権で6回入賞、うち4回はメダルを獲得しているが、優勝経験はない。東京五輪では世界記録保持者・K.マイヤー(フランス)との対決に注目が集まりそうだ。

■男子十種競技世界歴代5傑
9126 K.マイヤー(フランス)    2018. 9.16
9045 A.イートン(米国)      2015. 8.29
9026 R.シェブルレ(チェコ)    2001. 5.27
8995 D.ワーナー(カナダ)     2021. 5.30
8994 T.ドヴォルジャーク(チェコ) 1999. 7. 4



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com