月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

伊勢路を目指して創価大、駿河台大、立大、慶大など出場20校が決定/全日本大学駅伝関東選考会


関東学生陸上競技連盟(関東学連)は5月30日、第53回全日本大学駅伝(11月7日)の関東地区からの代表校を決める関東学連推薦校選考会(6月19日/神奈川・相模原ギオンスタジアム)に出場する20校を発表した。

各大学とも10000mの上位8名の合計タイムで選出。タイムの期間は昨年7月1日~今年の5月29日までに出されたもの(昨年7月28日~11月30日については世界陸連の規則第143条の改訂されたルールを適用しない)が対象となる。

合計タイムでトップだったのは中央大で、國學院大、中央学大、東京国際大、日体大、国士大と続き、今年の箱根駅伝で総合2位と旋風を巻き起こした創価大は7番目。8番目には今年の箱根出場を逃した日大が入り、神奈川大、山梨学大とここまでが10校。

11番目以降は、拓大、大東大、城西大、上武大、法大、駿河台大、立教大、専大、亜細亜大と来て、最後の20番目には近年、強化を進めている慶大が食い込んだ。

一方、麗澤大は慶大と12秒85差の21番目で届かず、昨年の箱根駅伝に26年ぶりに出場した筑波大は22番目と選考会出場を逃した。

全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会は10000mのトラックレースで実施。各大学13名のエントリーを行い、出場するのは8名。1校2名ずつ、計4組でレースを行う。その8名の合計タイムの上位7校が全日本大学駅伝本大会への推薦対象校(出場権)を手にする。なお、7校目が同タイムの場合は、当該大学代表者の抽選により、推薦対象校を決める。昨年はコロナ禍で選考会を行わず、過去のレースの合計タイムで決めたため、今回は2年ぶりの開催となる。

■全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会出場する20校+α
中大 3.48.37.22
國學院大 3.49.53.67
中央学大 3.51.07.60
東京国際大 3.51.45.55
日体大 3.51.58.64
国士舘大 3.52.04.63
創価大 3.52.18.22
日大 3.52.24.19
神奈川大 3.52.31.14
山梨学院大 3.52.51.37
拓大 3.53.00.85
大東大 3.54.07.44
城西大 3.54.18.38
上武大 3.54.42.04
法大 3.55.10.72
駿河台大 3.55.20.99
立大 3.56.19.95
専大 3.56.48.16
亜細亜大 3.57.00.61
慶大 3.57.03.56
――――――――――――――――――――
麗澤大 3.57.16.41
筑波大 3.58.15.28
東京経済大 3.58.56.86
東農大 3.59.15.34
桜美林大 4.01.09.77



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com