月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本選手権10000m東京五輪狙う田村和希が欠場 佐藤悠基、早大27分台コンビ、佐藤早也伽らも欠場


日本陸連は5月3日に行われる第105回日本選手権10000mの欠場者リスト(4月30日時点)を発表。昨年の日本選手権で日本新を樹立して3位に入っていた田村和希(住友電工)ら男女9人の欠場がわかった。

田村は練習中に腓骨疲労骨折を発症。日本選手権では27分28秒92で3位となり、東京五輪の参加標準記録まであと0.92秒と迫り悔し涙をながしていた。

また、ロンドン五輪代表など活躍してきた佐藤悠基(SGホールディングス)は故障による調整の遅れのため、早大27分台コンビの中谷雄飛と太田直希は脚のケガのためそれぞれ欠場。女子では佐藤早也伽(積水化学)が左脛骨剥離骨折で欠場となった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com