HOME PR
PR

2021.04.14

女子中長距離界の星・田中希実 「inゼリー」とともに世界に挑む/PR
女子中長距離界の星・田中希実 「inゼリー」とともに世界に挑む/PR


女子中長距離種目で世界に挑む田中希実(豊田自動織機TC)
 昨年、女子1500mで14年ぶりに日本記録を更新した田中希実(豊田自動織機TC)。5000mではこの夏に開催される大舞台の日本代表にも内定し、ますます注目を集めている。
 女子中長距離界をリードする彼女が愛用しているのが森永製菓の「inゼリー」。普段のトレーニングやコンディショニングの中で、inゼリーをどのように活用しているのだろうか。

2020年は2種目で日本新
異色のスタイルで世界へ

 新型コロナウイルスの影響でシーズンインが7月にずれ込んだ昨年の日本陸上界で、最初に鮮烈な輝きを放ったのが田中希実(豊田自動織機TC)だった。7月上旬に3000mで8分41秒35と18年ぶりに日本記録を更新すると、8月下旬には1500mでも4分05秒27の日本新。それも、自らレースを引っ張って叩き出した快記録で、その強さは「世界」を感じさせるものだった。

広告の下にコンテンツが続きます

 800mから10000mまで幅広い種目で日本トップレベルの実力を持ち、昨年度は1500mと5000mの2種目で日本チャンピオンに君臨。5000mでは今年開催される夏の大舞台の日本代表にも内定した。

「決勝に残って戦いたいと思っています。ただ、日本国内でも気持ちの面で負けている時がありますし、ライバルもいます。そういったものを乗り越えて世界の舞台に乗り込みたいと考えています」

 2018年にはU20世界選手権とアジアジュニア選手権の3000mで金メダルを獲得している田中。シニアとなった2019年の世界陸上は5000mで決勝に進出し、15分00秒01という自己ベスト(当時日本歴代2位)を出しながらも14位という結果だった。厚かった世界の壁。しかし、そこに挑むことにやりがいを感じている。

「楽しく走ることを大事にしています。普段の生活や練習に責任感を持ち、レースを思いっきり楽しむ。そうすることでいい成績を残せたらと思っています」

広告の下にコンテンツが続きます

 田中は大学生でありながら学連登録をせず、豊田自動織機TCのサポートのもと、高校と大学でともに同期の後藤夢とともにコーチを務める父・健智(かつとし)さんから指導を受けている。日本のアスリートとしては異色と言えるスタイルで世界の強豪に挑もうとしている。

「inゼリー」がコンディショニングをサポート

 現在のトレーニングは5000mに向けたものが中心だ。1週間の走行距離は80~90km程度で、多い時でも「100km行くかどうか」だと言う。朝は1km4分前後のペースで8~10km走ることが多いが、練習は1日2回の日もあれば、午前中だけで終わる時もある。

「走行距離を目安にはしていませんが、練習量としては少ないほうだと思います。5000mを軸に、1500mも走れるようなトレーニングをしています。試合が近くなったらその種目に合わせていく感じです」

 予定している練習メニューをきちんとこなせるように、日々のコンディショニングの一環として食べるものにも気を遣っている。

広告の下にコンテンツが続きます

「タンパク質と炭水化物、それに野菜をプラスして摂るように心がけています。ただ、1食ですべてをまかなうというよりは、ポイント練習がある時は朝と晩を多くして昼をあまり食べなかったりして、1日トータルでバランスが取れるようにしています」

 田中は3月1日から森永製菓と契約を結び、「inゼリー」のサポートを受けられるようになった。大会時や練習前のエネルギー補給など、さまざまな場面で活用されそうだ。

森永製菓「inゼリー」は「エネルギー(左)」「プロテイン」など目的別に複数の種類がラインナップ

田中が主に活用しているのは「エネルギー」。さっぱりしたマスカット味もお気に入りで、おにぎり1個分のエネルギー(180kcal)を摂取できる

「inゼリーは中学生の頃から知っていて、『考えられたゼリー飲料』という印象です。大会で予選と決勝の間に『inゼリー エネルギー』を飲むこともありますし、今は強度の高い練習や試合の後に『inゼリー プロテイン15000』を飲んだりしています。上手に取り入れていけたらと思っています」

 心強いサポートを得て臨む2021シーズンをどのように思い描いているのだろうか。

広告の下にコンテンツが続きます

「自己ベストを更新するのは難しくなってきますが、まだ自分の記録を止めたくはありません。今は1500mで日本記録を出した時の状態までコツコツ戻していきたいです。そうすることで4分フラットに近づけたらと思っています」

 過去や未来よりも、まずは“今”。その積み重ねが大きな飛躍へとつながっていくに違いない。

この3月には森永製菓と契約した田中。「inゼリー」を活用しながらさらなる飛躍を目指す
文/山本慎一郎
写真/弓庭保夫

※この記事は『月刊陸上競技』2021年5月号に掲載しています
【PR】

<関連リンク>
inゼリー(公式サイト)
森永製菓

広告の下にコンテンツが続きます
女子中長距離種目で世界に挑む田中希実(豊田自動織機TC)  昨年、女子1500mで14年ぶりに日本記録を更新した田中希実(豊田自動織機TC)。5000mではこの夏に開催される大舞台の日本代表にも内定し、ますます注目を集めている。  女子中長距離界をリードする彼女が愛用しているのが森永製菓の「inゼリー」。普段のトレーニングやコンディショニングの中で、inゼリーをどのように活用しているのだろうか。

2020年は2種目で日本新 異色のスタイルで世界へ

 新型コロナウイルスの影響でシーズンインが7月にずれ込んだ昨年の日本陸上界で、最初に鮮烈な輝きを放ったのが田中希実(豊田自動織機TC)だった。7月上旬に3000mで8分41秒35と18年ぶりに日本記録を更新すると、8月下旬には1500mでも4分05秒27の日本新。それも、自らレースを引っ張って叩き出した快記録で、その強さは「世界」を感じさせるものだった。  800mから10000mまで幅広い種目で日本トップレベルの実力を持ち、昨年度は1500mと5000mの2種目で日本チャンピオンに君臨。5000mでは今年開催される夏の大舞台の日本代表にも内定した。 「決勝に残って戦いたいと思っています。ただ、日本国内でも気持ちの面で負けている時がありますし、ライバルもいます。そういったものを乗り越えて世界の舞台に乗り込みたいと考えています」  2018年にはU20世界選手権とアジアジュニア選手権の3000mで金メダルを獲得している田中。シニアとなった2019年の世界陸上は5000mで決勝に進出し、15分00秒01という自己ベスト(当時日本歴代2位)を出しながらも14位という結果だった。厚かった世界の壁。しかし、そこに挑むことにやりがいを感じている。 「楽しく走ることを大事にしています。普段の生活や練習に責任感を持ち、レースを思いっきり楽しむ。そうすることでいい成績を残せたらと思っています」  田中は大学生でありながら学連登録をせず、豊田自動織機TCのサポートのもと、高校と大学でともに同期の後藤夢とともにコーチを務める父・健智(かつとし)さんから指導を受けている。日本のアスリートとしては異色と言えるスタイルで世界の強豪に挑もうとしている。

「inゼリー」がコンディショニングをサポート

 現在のトレーニングは5000mに向けたものが中心だ。1週間の走行距離は80~90km程度で、多い時でも「100km行くかどうか」だと言う。朝は1km4分前後のペースで8~10km走ることが多いが、練習は1日2回の日もあれば、午前中だけで終わる時もある。 「走行距離を目安にはしていませんが、練習量としては少ないほうだと思います。5000mを軸に、1500mも走れるようなトレーニングをしています。試合が近くなったらその種目に合わせていく感じです」  予定している練習メニューをきちんとこなせるように、日々のコンディショニングの一環として食べるものにも気を遣っている。 「タンパク質と炭水化物、それに野菜をプラスして摂るように心がけています。ただ、1食ですべてをまかなうというよりは、ポイント練習がある時は朝と晩を多くして昼をあまり食べなかったりして、1日トータルでバランスが取れるようにしています」  田中は3月1日から森永製菓と契約を結び、「inゼリー」のサポートを受けられるようになった。大会時や練習前のエネルギー補給など、さまざまな場面で活用されそうだ。 森永製菓「inゼリー」は「エネルギー(左)」「プロテイン」など目的別に複数の種類がラインナップ 田中が主に活用しているのは「エネルギー」。さっぱりしたマスカット味もお気に入りで、おにぎり1個分のエネルギー(180kcal)を摂取できる 「inゼリーは中学生の頃から知っていて、『考えられたゼリー飲料』という印象です。大会で予選と決勝の間に『inゼリー エネルギー』を飲むこともありますし、今は強度の高い練習や試合の後に『inゼリー プロテイン15000』を飲んだりしています。上手に取り入れていけたらと思っています」  心強いサポートを得て臨む2021シーズンをどのように思い描いているのだろうか。 「自己ベストを更新するのは難しくなってきますが、まだ自分の記録を止めたくはありません。今は1500mで日本記録を出した時の状態までコツコツ戻していきたいです。そうすることで4分フラットに近づけたらと思っています」  過去や未来よりも、まずは“今”。その積み重ねが大きな飛躍へとつながっていくに違いない。 この3月には森永製菓と契約した田中。「inゼリー」を活用しながらさらなる飛躍を目指す 文/山本慎一郎 写真/弓庭保夫 ※この記事は『月刊陸上競技』2021年5月号に掲載しています 【PR】 <関連リンク> inゼリー(公式サイト) 森永製菓

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top