月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表・相澤晃が5月GGinのべおか5000mにエントリー


日本グランプリシリーズの1つで、5月4日に行われるゴールデンゲームズinのべおか(宮崎/延岡市西階陸上競技場)のスタートリストが更新され、最終組の男子5000m決勝A組に、10000mで日本記録を持ち、東京五輪代表に内定している相澤晃(旭化成)がエントリーした。相澤は昨年12月の日本選手権で日本新を樹立して優勝し、五輪代表に内定。その後は故障もあり全日本実業団対抗駅伝などレースには出場していない。

学生勢も多数エントリーし、箱根駅伝Vの駒大からは同組に鈴木芽吹、白鳥哲汰、花尾恭輔、赤津勇進の2年生4人が登録。今年大学を卒業した吉田圭太(住友電工/青学大卒)や加藤淳(同/駒大)らの名前も。また、注目されるのが、同組でただ1人の高校生・佐藤圭汰(洛南高・京都)。自己記録は高2歴代7位の13分53秒36を持ち、12月の全国高校駅伝では3区で日本人トップ(2位)など、ロード・トラック・クロカンとすべてで好記録を出している。石田洸介(現・東洋大)の持つ高校記録13分34秒74の更新なるか。

別組には石原翔太郎(東海大)や井川龍人(早大)らも登録している。女子5000mには、同種目で東京五輪に内定している田中希実(豊田自動織機TC)もエントリー。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com