月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【ルーキーインタビュー】東洋大に入学した石田洸介「目標はパリ五輪出場」


この春に東洋大へ入学した石田洸介(右)。左は酒井俊幸監督

 男子5000mで高校記録(13分34秒74)を持ち、この春に東洋大へ進学した石田洸介が4月2日、オンライン取材に応じ、「目標は2024年パリ五輪出場。箱根だけでなく世界に挑戦したい」と意気込みを語った。

日本記録も「通過点に」

 福岡・浅川中時代は1500m(3分49秒72)と3000m(8分17秒84)で中学記録を、5000mでも中学最高記録(14分32秒44)を樹立した石田洸介。全中は悠々と2冠を獲得し、東農大二高(群馬)では1、2年時こそ思い描いた結果が出せずに苦しんだが、3年時には5000mで13分36秒89、13分34秒74と、従来の高校記録を16年ぶりに2度も塗り替えた。10000mでも28分37秒50(高校歴代7位)をマークしている。

 そんな逸材が選んだのは、マラソン元日本記録保持者の設楽悠太(Honda)や10000mで日本記録を持つ東京五輪代表内定の相澤晃(旭化成)らを輩出した東洋大。高校卒業後は海外進出も視野に入れていたというが、酒井俊幸監督から「世界で戦える選手を育成したい」と指導方針を聞き、「あぁ、ここかなと。ビビッときた」と進学を決断した。

 パリ五輪はトラック種目での出場を目指しており、「参加標準記録を突破する必要がある。5000mなら13分10前後、10000mなら27分30秒を切ることがターゲットになる」とビジョンは明確。「世界では(5000mで)12分台を出さないと勝負できない。将来的には日本記録(13分08秒40=大迫傑/Nike、2015年)も通過点にしなければいけない」と力強く語る。

 また、1区間が20km超となる箱根駅伝についても「駅伝を走るためのスタミナはトラックでも重要な要素。箱根を目指す意味はあると思う」と前向きに取り組む考えだ。高校時代は月間走行距離が400km程度で、「20kmは正月の初詣がてら走ったくらいで、ほぼやっていない」と質を重視したトレーニングをしてきたが、酒井監督は「1人で練習をする時も多かったようですし、走行距離は少なくても単独で走れる力があるので、中身の濃い練習を自覚を持ってやってきたんだなと感じます。彼の良さを引き出したい」と目先の結果にとらわれずに育てるつもりでいる。

並外れた精神力

 一方、輝かしい実績の裏で苦労した高校1、2年時の経験も石田は忘れていない。そんな時に支えとなったのは両親の存在だ。「親元を離れてきたので、ここでやめたら悲しむなと。それに、中学記録がいい意味でプライドになった。『ここであきらめてはいけない』と、自分のプライドがここまで(陸上を)続けさせてくれた」と、並外れた精神力で高校トップランナーへと上り詰めた。

 昨年12月の全国高校駅伝後は調子を落とし、「自分の走りが整わない期間が1~2ヵ月あった」と言うが、現在は復調。「練習の強度を上げずに正しい動きを作っている。今は基礎を作る時期」(酒井監督)と、5月のシーズンインを見据えてじっくり取り組んでいる。

「今年は環境に慣れること。まだ20kmを走れる力はありませんが、自分が箱根を走っている姿を想像しながら練習しています。往路に憧れがあるので、1区から4区までのどこかで勝負してみたい。最終的には区間記録を作りたいです」(石田)

 中学と高校で数々の偉業を成し遂げてきた石田だが、本当の輝きを見せるのはこれからなのかもしれない。

文/山本慎一郎

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com