月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子100mHの田中佑美がウーマン・オブ・ザ・イヤー/「UNIVAS」が文武両道で模範となる運動部学生を表彰


一般社団法人大学スポーツ協会(UNIVAS/鎌田薫会長)は3月29日、競技成績に加え、学業充実や大学スポーツの盛り上げなどに著しい成果を挙げた学生アスリートや団体などを表彰する「UNIVAS AWARDS 2020-21」を開催した。文武両道を実践し、他の模範となる運動部女子学生を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」には女子100mハードルの田中佑美(立命大)が選ばれた。

田中は在学中、関西インカレで4連覇。日本インカレでは4年連続で3位以内に入り、19年には優勝している。学生最終年の昨シーズンは日本選手権で4位入賞。また女子陸上競技部の主将を務め、チームをまとめ上げた。この春に大学を卒業し、富士通に入社して競技を続ける。19年にマークした自己ベスト13秒18は日本歴代11位で、学生歴代2位。
 
陸上関係では田中の他に、運動部新入生として他の規範となる活動を行った学生を表彰する「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」に吉中日向子(青学大)が選ばれた。吉中は昨年の日本インカレ女子4×400mリレーで3走を務め、チームの優勝に貢献している。

表彰式はオンラインで行われ、男女を通じて最も模範的なアスリートを表彰する「パーソン・オブ・ザ・イヤー」の最優秀賞には女子ソフトボールの安山涼香(中京大)が選出された。またスポーツ庁の室伏広治長官が祝辞を述べ、UNIVASの有森裕子副会長が受賞者へメッセージを送った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com