月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

NTNが監督交代を発表 越井武吉氏が就任


NTNは3月29日、4月1日付で現在中長距離の監督を務める真内明氏に代わり、越井武吉氏が就任することを発表した。
越井氏は56歳。1983年に同社に入社し、駅伝などで活躍した後、2004年から08年まで監督を務めた。その間、男子1500m日本記録保持者の小林史和(現・愛媛銀行監督)や10年アジア大会マラソン銀メダルの北岡幸治(現・NTNコーチ)らを指導している。

NTNは1950年に創部し(当時は東洋ベアリング)、全日本実業団対抗駅伝には1958年の第1回大会から出場する名門。2015年の第59回大会には8位入賞を果たしていたが、2021年の第65回大会は昨年11月に行われた中部地区予選で7位に終わり、本選出場を逃していた。

越井武吉新監督コメント
「2度目の監督就任となりますが、これまでNTNで培った管理職としての経験を生かし、選手の指導・育成に努めてまいります。
古豪復活を目指し、駅伝はもちろん、トラック種目やマラソンでも結果を出していけるよう取り組んでまいります。引き続きのご声援を賜りますよう、よろしくお願いいたします」
 

タグ:

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com