月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

山縣亮太が3大会連続五輪へ織田記念から本格スタート「最高のパフォーマンスを出せる準備を」

3大会連続の五輪代表入りを目指す男子短距離の山縣亮太(セイコー)が3月29日、新年度に向けてオンライン上で会見を開き、メディアの取材に応じた。ちょうど1ヵ月後の地元・広島での織田記念で東京五輪イヤーの2021年シーズン本格突入する予定で、「織田記念に向けて調子を上げながら、10秒05の東京五輪参加標準を突破して、日本選手権に勝負に徹することができるようにしておきたい」と意気込みを語った。

すでに2月28日のJapan Athlete Games in Osaki(鹿児島)の室内100m(予選10秒50、決勝10秒39)と、3月28日のシレジア2021世界リレー日本代表選考トライアルの特別レース100m(10秒36/-0.1)と3レースを消化。まだまだ試運転の状況とはいえ、「その時にやりたいことができている」と一定の手応えは得ている。

2019年5月のセイコーゴールデングランプリ以降、レースに出場できたのは昨年8月の同大会のみと、背中、肺気胸、足首、膝などアクシデントに悩まされ続けてきた。そんな時期と比べれば、今年は「シーズンに対して不安は持っていない」と表情は明るい。

その裏付けとして、「しっかり全身、バランス良く走ること」を目指した取り組みがある。

2018年は重心の位置を、トップスピードの維持につながる後傾気味にして、日本選手権5年ぶり制覇、アジア大会銅メダルなど、自身のスプリントが「いい作品に仕上がった」と感じていた。しかし2019年は、その走りを追い求め過ぎたり、ウエイトトレーニングで重さを追求し過ぎたりしたことから、重心の位置がさらに後ろにずれ、バランスを崩した。

この重心の位置はほんのわずかの違いなのだが、感覚が鋭く、繊細なトップアスリートの領域では、このわずかな誤差が大きな差を生む。それは悪いほうだけではなく、もちろんいい方向へも変えられるものだ。2020年からはより加速に乗りやすい「前」への意識を高めてきた。

そのために、取り組んできたのが、一つひとつの動きで「身体をうまく使う」こと。理学療法士やストレングスのトレーナーらと「より技術にフォーカスできる体制」を作り、その仕上がりに手応えを感じている。

もちろん、強度の高いトレーニングも重ねており、2018年以前と比べて「パワーがついた」ことは確かな成長点。あとは鹿児島、宮崎で見えた課題から、「どうトレーニングしていこう、試合に向けてどうやっていこうということを調整していければ、1ヵ月後にはいい状態を作れると思う」と山縣は話す。

過去2度の五輪はいずれも自己ベストをマークし、セミファイナルの舞台でその時のベストパフォーマンスを発揮してきた。3度目の五輪でもその再現を頭に描いているが、そのためには年々激しさを増す国内の代表争いを勝ち抜かねばならない。


東京五輪イヤーに向けて意気込みを語った山縣(画像/セイコーホールディングス提供)

男子100mの東京五輪参加標準記録をサニブラウン・アブデル・ハキーム(Tumbleweed TC)、小池祐貴(住友電工)、桐生祥秀(日本生命)が突破済み。代表選考においては標準突破者が有利になるため、山縣もまずは記録を求めていく必要がある。

だが、一歩後れを取るこの状況が、山縣に「チャレンジャー」という気持ちを芽生えさせた。日本男子スプリントを引っ張る存在から、自身の立ち位置が変わったことを受け止め、それでも再び日本の「エース」となるべく突き進む。

「これまで五輪前はケガが続いたり、調子が悪かった時ばかりで、今の状況とすごく似ているところがある。これまでで最高のパフォーマンスを出せるような準備をして、ぜひ結果を出したい」

3度目の五輪、自国開催の大舞台で悲願のファイナルを。山縣が夢を実現させるシーズンが、始まる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com