月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

盤石の走りで頂点に立った順大、2位の京産大、3位の日体大も見せ場作る/全国招待大学対校男女混合駅伝


◇第1回全国招待大学対校男女混合駅伝(3月21日/大阪・長居公園内特設コース6区間20km)
記念すべき初代チャンピオンチームに輝いた順大。中盤以降は盤石の走りで首位を守り、男女がしっかりと噛み合うレースを見せた。

雨脚が強くなる中で始まったレース。順大の1区(男子3km)は正月の箱根駅伝6区で区間2位の清水颯大が務めた。区間賞こそ逃したものの、トップと6秒差の5位発進すると、2区(女子2km)の甲本まおは順位を1つアップ。そして、3区(男子5km)では箱根駅伝3区区間5位の実績を持つ伊豫田達弥が快走を演じた。先頭とは24秒差あったが、次々と抜き去り、首位に浮上。21秒のリードを築いた。

4区(女子3km)の二川彩香、5区(男子2km)の野口雄大も区間賞で後続との差をさらに広げ、アンカー(女子5km)の白石由佳子が栄光のフィニッシュ。箱根駅伝など実績のある男子が作った流れに、女子も実力を発揮して乗ることができ、終わってみれば区間賞3つを獲得した。

2位には入ったのは京産大。1区の泉海地が大会最初の区間賞で勢いをつけて、最後まで順位をキープした。3位の日体大は2区の宮内志佳で一時トップに立ったほか、アンカー・保坂晴子の2人抜きなど、見せ場を作った。

■順大優勝チームのコメント
▼1区 清水颯大
「足を引っ張ったんですけど、チームが優勝したのでよかったです。学生最後にいい思い出ができました」
▼2区 甲本まお
「納得いくタイムではなかったんですけど、1つ順位を上げられたし、目指していた優勝ができてよかったです」
▼3区 伊豫田達弥
「男女混合駅伝ということで初めての大会だったので、新鮮な気持ちで走れてよかったです」
▼4区 二川彩香
1回目の駅伝だったんですけど、優勝することができてよかったです。区間賞を獲る最低限の走りができたかなと思います」
▼5区 野口雄大
「復帰してまだ1ヵ月経っていない中でのレースだったので、2kmとはいえ60点くらいの走り。普通に走るってことがキツかったなと思います」
▼6区 白石由佳子
「1位でほっとしています。男子と女子の順天堂の代表の選手が集まったレースなのでしっかり4年生として責任を果たすことが求められていたので緊張しました」

■入賞チーム成績
1位 順大  1時間1分53秒
2位 京産大 1時間2分29秒
3位 日体大 1時間2分44秒
4位 立命大 1時間3分01秒
5位 城西大 1時間3分02秒
6位 中大  1時間3分13秒
7位 関大  1時間3分49秒
8位 筑波大 1時間4分16秒

■区間賞
1区(男子3km) 泉 海地(京産大) 8分23秒
2区(女子2km) 宮内志佳(日体大) 6分13秒
3区(男子5km) 伊豫田達弥(順大) 14分04秒
4区(女子3km) 二川彩香(順大)  9分44秒
5区(男子2km) 野口雄大(順大)  5分27秒
6区(女子5km) 保坂晴子(日体大) 16分58秒

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com