HOME その他

2018.03.15

常勝部活動教育 競技力向上のための人・チームづくり ~ 月刊陸上競技電子版 Vol.1
常勝部活動教育 競技力向上のための人・チームづくり ~ 月刊陸上競技電子版 Vol.1

常勝部活動教育 競技力向上のための人・チームづくり

月刊陸上競技電子版 Vol.1
常勝部活動教育競技力向上のための人・チームづくり

原田隆史 著

内容紹介

月刊陸上競技2017年1月号から12月号まで、1年間にわたって連載してきた「陸上競技のトータル・マネジメント ~個人&チームのパフォーマンスを高める方法~」。自立型人間を育てる「原田メソッド」を考案した原田隆史氏監修の下、さまざまな問題を抱え、転換期を迎えている部活動をどのように運営すべきなのか、その〝道しるべ〟として大好評を博してきた。
その連載のうち、導入編から5回分を中心にまとめ、新たに「常勝部活動教育」と題して電子書籍化。原田メソッドの真髄、「成功」への技術がつまった珠玉の1冊が誕生――。

CONTENTS

●成功の技術導入編 「原田メソッド」とは
日本一のチームづくりを目指す〝チーム岐阜〟が実施した研修
●第1回 夢を実現へと導く三種の神器 その1
書くコーチング 原田式長期目的・目標設定用紙&オープンウィンドウ64
●第2回 夢を実現へと導く三種の神器 その2
目標達成への「心」を磨くルーティンチェック表&日誌
●第3回 部活動の可能性
なぜ今、「部活動教育」なのか。日本独特のシステム、どうあるべきかを考える
●第4回 BUKATSU
部活動の目標設定と観点別評価に役立つアンケート
●メソッド「総復習」
新しい自分へのステップアップを目指して
●原田メソッド「まとめ」
●特別付録
その1 花牟禮 武先生(大阪桐蔭高監督)&多田 修平選手(関学大3年)
世界に通じたスプリンターの〝根底〟にある指導法
その2 駒澤大学高校サッカー部
〝ビッグクラブ〟のチームマネジメント
その3 関西学院大学ラクロス部女子
スクールモットー「奉仕のための練達」を体現

購入者限定特別プレゼント
原田隆史氏の特別講義映像

【講義の主な内容】
・人を自立させる教育手法とは?
・部活動を通して、人と組織を育てる
・日本ハムファイターズ、世界陸上 銅メダリストたちが使う○○
・学校や組織再生の技術はあるのか?
・成功は○○である
・2つの自信を高めよ!
・これからの社会、日本はどうなるの? これからの教育とは?
※書籍の内容が、より一層深まる動画になっています。

 

※本電子版は、月刊陸上競技2017年1月号から12月号に掲載した、『陸上競技のトータル・マネジメント ~個人&チームのパフォーマンスを高める方法~』(自立型人間を育てる〝原田メソッド〟考案者原田隆史氏監修)を再編集してまとめたものです。


本商品はAmazon Kindleでの販売となります

 

月刊陸上競技電子版 Vol.1 常勝部活動教育競技力向上のための人・チームづくり

原田隆史 著

内容紹介

月刊陸上競技2017年1月号から12月号まで、1年間にわたって連載してきた「陸上競技のトータル・マネジメント ~個人&チームのパフォーマンスを高める方法~」。自立型人間を育てる「原田メソッド」を考案した原田隆史氏監修の下、さまざまな問題を抱え、転換期を迎えている部活動をどのように運営すべきなのか、その〝道しるべ〟として大好評を博してきた。 その連載のうち、導入編から5回分を中心にまとめ、新たに「常勝部活動教育」と題して電子書籍化。原田メソッドの真髄、「成功」への技術がつまった珠玉の1冊が誕生――。

CONTENTS

●成功の技術導入編 「原田メソッド」とは 日本一のチームづくりを目指す〝チーム岐阜〟が実施した研修 ●第1回 夢を実現へと導く三種の神器 その1 書くコーチング 原田式長期目的・目標設定用紙&オープンウィンドウ64 ●第2回 夢を実現へと導く三種の神器 その2 目標達成への「心」を磨くルーティンチェック表&日誌 ●第3回 部活動の可能性 なぜ今、「部活動教育」なのか。日本独特のシステム、どうあるべきかを考える ●第4回 BUKATSU 部活動の目標設定と観点別評価に役立つアンケート ●メソッド「総復習」 新しい自分へのステップアップを目指して ●原田メソッド「まとめ」 ●特別付録 その1 花牟禮 武先生(大阪桐蔭高監督)&多田 修平選手(関学大3年) 世界に通じたスプリンターの〝根底〟にある指導法 その2 駒澤大学高校サッカー部 〝ビッグクラブ〟のチームマネジメント その3 関西学院大学ラクロス部女子 スクールモットー「奉仕のための練達」を体現

購入者限定特別プレゼント 原田隆史氏の特別講義映像

【講義の主な内容】 ・人を自立させる教育手法とは? ・部活動を通して、人と組織を育てる ・日本ハムファイターズ、世界陸上 銅メダリストたちが使う○○ ・学校や組織再生の技術はあるのか? ・成功は○○である ・2つの自信を高めよ! ・これからの社会、日本はどうなるの? これからの教育とは? ※書籍の内容が、より一層深まる動画になっています。   ※本電子版は、月刊陸上競技2017年1月号から12月号に掲載した、『陸上競技のトータル・マネジメント ~個人&チームのパフォーマンスを高める方法~』(自立型人間を育てる〝原田メソッド〟考案者原田隆史氏監修)を再編集してまとめたものです。
本商品はAmazon Kindleでの販売となります  

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top