月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

110mH日本記録保持者・高山峻野が室内で初戦13秒7台2本そろえる/JAG大崎室内


◇2021 Japan Athlete Games in Osaki(2月28日/鹿児島県大崎町)

鹿児島県大崎町にあるジャパンアスリートトレーニングセンター大隅の室内競技場で2021 Japan Athlete Games in Osakiの男子110mハードルに同種目日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)が出場。1本目13秒79、2本目13秒76だった。

自身初の室内での110mハードルとあって「壁が近くて外とは違う感覚だった」と高山。10日前から同地で合宿を行っており、「鹿児島合宿のシメというイメージで出ました。まだ噛み合っていない感じです」と総括した。

昨年痛めた肩は完治しておらず、ウエイトトレーニングのメニューを変えながら、負担がかからないようにトレーニングしているという。「出力は上がっていますが、地面からの反発などはまだまだ。スピード感も曲走路では出せますが、直線になると難しいです」と、スプリントに磨きをかけつつ、ここから仕上げていく構えだ。

この日は「状態が悪い中でも重心を高くすること」を意識するも「全然ダメでした」と苦笑い。それでも、「技術はほとんどやっていないので」と焦る様子はなく、「ここから試合勘を積み上げていきたい」とシーズンインを見据えている。19年は日本記録も樹立、ドーハ世界選手権で準決勝に進出し、ファイナルまであと一歩まで進んだ高山。オリンピックイヤーも「例年と変わらず」と、らしさ全開。「パワーとスピードを噛み合わせていきたい」と課題を挙げていた。

2レースとも2着には十種競技の丸山優真(日大)が入り、2本目は14秒10と好記録をマーク。この日はスタートから1台目までのアプローチを7歩に変えてチャレンジし、「いい感触をつかめた」と納得の表情を浮かべる。背中を痛めて長く戦列から離れていたが、昨年の9月に本格復帰。冬は大きなケガもなく、「十種競技をやるのが楽しみ。記録を楽しみにしていてください」と自信を見せていた。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com